散らかしっぱなしの子どもにイライラ!片付けをさせるためには5つの理由を知るべし!

片付けないときは 子育て

スポンサーリンク



子供が片付けをしてくれなくて、イライラしたことはありませんか
おそらく、どのご家庭でも経験があることでしょう。

幼い子供の興味は次から次へと移っていくので、使い終わった玩具を片付ける前に次の玩具をだしてきて、気が付くと部屋中に玩具が散乱していた、なんてこともよくあることですよね。

でもそれは、子供が思いのまま自由にのびのび遊べているということで、脳の発達の面から見れば、決して悪いことではありません。
とはいえ、家の中をキレイにしておきたいママにとっては悩みの種ですね。

スポンサーリンク



子供は片付けができないのはなぜ?

「片付けなさい!」と言われても片付けられないのには、いくつかの理由があります。

①まだ遊んでいる
まだ遊びたいと思っていたら、当然、片付けたくありません。

②片付け方がわからない
出すときは夢中で引っ張り出してきますので、どこに入っていたかわからなくなっている場合があります。

③片付ける必要性を感じていない
どうして片付けなければならないのか、出しっぱなしにしていることのデメリットを理解していない。

④物が多い
物量が多く収納が困難。

⑤面倒くさい
子供にとって片付けは楽しいことではないので、面倒に感じてしまいます。

おもに、このような理由が多いのではないでしょうか。
片付けできない理由をみつけて、うまく声掛けをすることで、子供自身が片付けをできるように導いてあげたいものですね。

片付けられない5つの理由の対処法

散らかし放題片付けない

まだ遊びたいと思ってしまうお子さんには

「遊ぶ時間は7時までだよ。」
「もう8時だよ。たくさん遊んだから、お片付けしけようね。」
「ちゃんとお片付けしておけば、明日もまた遊べるよ。」

というように、時間で区切って教えてあげたり、
遊びの続きができる見通しを持たせてあげるといいでしょう。

片付け方がわからないお子さんには

「この絵本はどこに入っていたかな?」とクイズ形式で問いかけてみたり、
「ブロックはこの箱にまとめて入れておこうね。」、「ハサミは、いつもココだよね。」
と片付ける場所を意識させる声掛けをすると効果的です。

はじめのうちは、少し面倒ですが、子供が片付ける場所を覚えてくれれば、
自分でできるようになるので、長い目で見れば、ママが楽ちんになります。

片付ける必要性を感じていない子供には

「お部屋が散らかっているから、クレヨンがみつけられないね。」
「出しっぱなしにしていたから、踏まれて壊れちゃったんだね。」

のように、デメリットを感じさせる声掛けであったり、

「お片付けしたら、なくしていたゲームソフトがでてきて、良かったね。」
「部屋がスッキリして、なにがどこにあるか、すぐにわかるね。」

のような、片付けをして良かったと思えるような言葉で伝えてもいいですね。

物が多い場合

おもちゃなどの遊ぶものを、適度な量にする必要があります。

子供の持ち物なら、子供自身に判断させ、いらない物を処分することを教えましょう。
慣れないうちは分別に時間がかかるので、時間に余裕のあるときにするのをオススメします。

面倒くさいと思ってしまう場合

「今から10分、お片付けタイム。スタート!」
「5分で出来るかな?よーいドン!」

という具合にレクリエイション感覚でやらせてみるのもいいですね。
時間を短く設定してあげることで、面倒だけど5分だけなら~と取り組みやすくなります。

その日に出した物であれば、案外、10分程度で片付けられたりするものです。

片付けを教える

片付けられる力を身につける事が大事

このように、子供のうちは、ママがリードしたり、ときには手伝うことも必要かもしれません。
でも、中学生~高校生~大人になったら、どうでしょう。
片付けができないまま大人になってしまうことを心配されるママもいるでしょう。

そんな時は、幼稚園や学校での様子を先生に聞いてみるのも、ひとつの手段です。
集団生活のなかで自分の持ち物の管理ができていて、本人が困っていないようであれば、ひとまず問題はないでしょう。

小学校の高学年ぐらいから親に干渉されることを嫌がるようになります。少しづつ子供本人にまかせて、口だしを減らしていけるようにしたいですね。
そのために、子供のうちに自分で片付けられる力を身につけておきたいところです。

幼稚園ではお片付けの時間、小学校では掃除の時間が一日のスケージュールに組み込まれている所も多いようです。


一日一回、キレイに片付いた状態にリセットすることで、生活もしやすくなりますし、習慣になってしまえば、それほど苦労と感じることもないでしょう。

散らかっていてもいい時間と片付いた状態の時間が明確に区切られていれば、四六時中「片付けなさい!」と言わなくてもよくなるので、ママのストレスも軽減できそうですね。
夕食の前に片付ける、寝る前の10分はお片付けなど、ご家庭に合ったルールをつくってみてはいかがでしょうか。

声掛けや習慣づけがカギになりそうですね。良いヒントは、みつかりましたでしょうか?

答えは、ひとつではありません。お子様によってちがってくると思います。
ママとお子様が心豊かに暮らせることをお祈りしています。

タイトルとURLをコピーしました