お祝い返しの金額はどのくらいが良い?お返しなくても良いケースは?

お祝い返しの金額はどれくらい?ない場合は? 仕事とマナー

スポンサーリンク



お祝いをいただいたら、いただきっぱなしにせず、
基本的には必ずお返しかお返しに相当する贈り物などの気遣いをするものですが、
一般的に卒業祝いのお返しは、本来は必要ないといわれています。

ですが、マナーとして贈り物が届いたりしたら、その日のうちにお礼をつたえるようにしましょう。
また、お返しの相場はもらった額の半分~3分の1程度が目安といわれています。

スポンサーリンク



お祝い返しをしなくてよい場合とは?

卒業祝いはお返しがいらない?

卒業祝いをいただいたことに感謝し、お礼をするために贈る卒業祝いのお返し。

どんなお祝い事でも、いただいたら何も返さないというのはマナー違反と考えられていますが、
卒業祝いの場合は少し事情が違います

卒業祝いは、学校を卒業した子どもに贈られます。
そのお返しということは、お祝いは、
いただいた子ども自身がお返しをしなければいけないということになります。
しかし、子どもですから収入が無いため、自分でお返しすることができない場合がほとんどです。
ですから、卒業祝いのお返しは不要とすることが多いということです。

お返しはしなくても良いけど・・・

そうはいっても、お祝いをいただいたのですから、
お礼はきちんと伝えたいと思うのが当たり前ですよね。

お返し不要とすることが多いとはいえ、実際はお返しをする方がほとんどです。

もちろん子ども本人が用意するのではなくて、両親がお返しを用意することが一般的です。
卒業祝いのお返しが必要か不要かは、贈ってくださった相手との関係や、
今までのお付き合いの仕方などで変わります。

全てに「贈るべき」とは言えませんが、お祝いをくださったことへの感謝の気持ちを伝えるには、
お返しにギフトを贈るのがおススメです。
親友同士でもお祝いをもらったときにはお返しをしておくのは一般的ですので、
簡単なものでもいいのでお返しをするということを忘れないようにしましょう。

ただし、ママ友のグループで、「お返しはなし」などの決めごとが仲間内である場合には、
自分だけルールを破るのはやめたほう良いですよね。
場合によってはルールを守らなかったことで、逆に相手を不快にさせてしまうこともありますから。

お祝い返しギフト・金額は もらった額の何%?

一般的にお返しの場合は、いただいた額の半分~3分の1程度が目安でしょう。

現金1万円または、1万円相当の贈り物品をいただいたら、
3000~5000円くらいの品を内祝いとして贈るのがベストです。

内祝いには相場もあるので気を付けましょう。あまりにも見当違いの額の内祝いを避けられます。
もしもお返しの額が1000円程度かそれ以下になった場合でも、
安価でオシャレなギフトもたくさんありますので、十分、内祝いとして利用することが可能です。

お店によっては、ラッピングはもちろんですが、のし紙もつけてくれるので、
意外とクオリティの高いお返しができますよ!

 

お返しの金額と必要のないケース まとめ

ご祝儀のお返しは気持ちを込めて。どこまでの人を対象にするべき?

「お返しはなにかなぁ~」なんて考えてお祝いを贈る人はほとんどいませんよね!

入学、卒業。また、成人祝いや結婚祝い・出産祝いなどそれぞれの出来事に
祝福の気持ちを込めて贈ってくださっているのですから、
いただいた方は祝福をしていただいたことへの感謝の気持ちを表す意味では、
お返しは必要かもしれませんね。

一般的に、お返しは必要としていない。といわれる「卒業祝い」ですが、
自分の成長を見守っていて下さった方へ感謝の気持ちを込めて、
簡単なものでお返しをするというのもいいかもしれません。

また、「親しき中にも礼儀あり」とのことわざがある通り、
相手が友人でもしっかりと礼儀を守って対応することをおススメします!

一般的に、内祝いをなしにするのは非常識ととらえられてしまいますので、
お祝いをもらったら適切な形でお礼をすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました