絶対NGの結婚の顔合わせ服装とは!?実は知らないうちにやっちゃってるかも!?

結婚顔合わせの衣装 仕事とマナー

スポンサーリンク



大好きな恋人にプロポーズされちゃった!

けど彼(彼女)のご両親には初めてお会いするし、
そんな大事なシチュエーション、
絶対ミスするわけにはいかなーいっ!!!

今日はそんな「結婚式の顔合わせ」で
絶対失敗しないためのコーディネート
確認しておきましょう!

スポンサーリンク



超基本だけどやっちゃってるかも!?結婚の両親顔合わせでNGな服装マナーとは

結婚式顔合わせの服装

まずこれだけは避けておきたいポイント!
絶対に犯しちゃいけないミスを確認しておきましょう。

女性の場合のNG例

約80%以上の人が綺麗めなワンピースやスカート選んでいます。
しかし、ここで気をつけておきたいポイントがいくつか。

まずスカートの丈。
フォーマルなシーンですので膝中か膝下くらいの丈で。
太ももが見えるような短い丈はNGです。
立っている時だけでなく、座った時の丈にも要注意。

さらに、夏でも生足はNGです。
パンツの場合は膝下丈でも良いので、
必ずストッキングを履きましょう。

靴はつま先が出ていないパンプスで。
ヒールの高さは問わないので、
高いヒールが苦手な方は
フラットなバレエシューズでも大丈夫ですよ。

男性の場合のNG例

男性の場合はスーツで参加する人がほとんどです。

黒、グレー、ネイビーなどであれば、
普段仕事などで着ているものでもかまいませんが、
その場合は首周りや袖口の汚れ・ヨレ、
靴のスレがないかなどはチェックしておきたいところ。

お店によっては靴を脱いで上がるところもあるので靴下の穴はご法度です。
小奇麗に見えていればOKです。髪型も出来るだけサッパリしましょう!

結婚の時の両親顔合わせの服装や化粧マナー!会場に合わせることも大切

結婚顔合わせの衣装

さてここまでNGポイントばかり上げてきましたが、
具体的にどのような服装で行けばよいのか見ていきましょう。

女性の場合の服装は?

女性の場合は先ほども述べたように
綺麗めなワンピースやスカートにジャケット合わせることが多いです。
お祝いの場なので黒や派手な柄ものではなく、
明るい色で上品なものを選びましょう。

ロゴ入りのものやデニム生地は言わずもがなNG。
夏場など暑いときでも露出は少なめに、ノースリーブのワンピースなどの場合は、
ジャケットやカーディガンなどを羽織りましょう。

もちろん和装もOK!
和装の中でもカジュアルな訪問着や色留袖も良いし、
もう少しフォーマルにしたい場合は振袖も良いでしょう。
振袖は結婚前の女性が着る最もフォーマルな着物なので、
記念に着ておくのも良いと思います。

メイクはナチュラルなものを。
普段ノーメイクの人もフォーマルな場でお化粧をしないのは良い印象にありません。
逆にケバくなりすぎても印象が悪くなってしまいます。
食事することを考えると、
ヘアスタイルも乱れにくい落ち着いた印象のものにすると良いでしょう。

男性の場合の服装は?

男性も先ほど述べたようにスーツで参加する人がほとんどです。
普段着ているものでも良いし、
この機会にフォーマルスーツを作るのも良いでしょう。

ネクタイは派手すぎなければストライプやドットなどの柄物ものもOKです。
父親の場合は慶弔用の白やシルバー、グレーなども良いです。
シャツにも柄が入っていてもかまいません。

とはいえ、もっとも大切なことは、
両家の「格」がバラバラにならないようにすること、
そして、会場に合った服装をすること。
一方の家がカジュアルなのに対し、
もう一方の家がフォーマルスタイルになってしまっては
のっけからちぐはぐになってしまいますね。

●どの程度のフォーマル/カジュアル具合なのか?
●ネクタイは必要なのか?
●ジャケットはカチッとしたものが良いのか?
●更には靴を脱いであがるお店なのか?
●どのようなスタイルのお店なのか?

こういったことを、事前に両家で打ち合わせをしておくことが重要ですね。

絶対NGの結婚の顔合わせ服装とは!? まとめ

結婚式の衣装選び

結婚式顔合わせの目的とは
・両家の親睦を深めること
・互いの親や兄弟を紹介しあうこと
・結婚式や結納に向けた親の意向確認 などです。

その第一歩である顔合わせですから、
お互いの両親が始めて顔を合わせるというケースも多くあるでしょう。

そんなファーストインプレッションとなる顔合わせ。

お互いの家の個性をなくすことなく、
今後安心してお付き合いしていけるように、
きちんとしたスタイルで望みたいですね。

タイトルとURLをコピーしました