マイクロファイバーって何?衣類からでるゴミで海洋汚染の原因に!?

マイクロファイバーと海洋汚染 気になるニュース

スポンサーリンク



衣類からでるゴミが海を汚染する!?

ここ最近、海洋汚染が広く問題視されるようになってきました。
海洋汚染の原因は何かと聞かれたら…

・工場や家庭からの排水
・意図的に捨てられた大量の産業廃棄物
・事故が原因で大型タンカーから大量に流れ出た石油

などが頭に浮かぶのではないでしょうか?
まさか衣類からでる繊維が海を汚してるなんて思いもしませんよね(‘ω’)

今、マイクロファイバーと呼ばれる極細の合成繊維が問題視されています。

マイクロファイバーは自然分解されないため、生態系への影響が懸念されています。
魚や生き物が飲み込むことで生命を落とす危険もあります。

マイクロファイバーを使用した衣類の洗濯は回数を抑える、
ドラム式洗濯機を使うなどして海に流れ込む量を減らすよう心がけましょう!
ここでは、マイクロファイバーと海洋汚染についてみていきます。

スポンサーリンク



衣類からもマイクロファイバーが?海洋汚染の関係性とマイクロファイバーとは?

衣類からマイクロファイバー

全ての衣類からマイクロファイバーが出るわけではありません。
マイクロファイバーの主な素材はポリエステルやナイロンです。

吸水性が高く、すぐ乾くためパーカーやスポーツウェア、タオル、
ふきんなどに使われています。

このマイクロファイバーが、今、海洋汚染に影響しているという事なんです。

そもそもマイクロファイバーって何?

マイクロファイバーは極細の繊維のことです。
その太さは8マイクロメートル以下です(‘ω’)!

ドヤってしまいましたが、マイクロメートルと言われてもピンときませんよね。

1マイクロメートルは0.001ミリのため、いかに細いものであるかが分かります。
もちろん肉眼で見ることはできません。

マイクロファイバーは化学的に作られた合成繊維のため、自然分解されないという特徴もあります。
なので、自然分解されず海中に蓄積するため生態系への影響が懸念されています。

また目に見えないほど細い繊維のため、そのまま口の中に入ってしまい、
消化もされない事から、魚などの生き物には多大なリスクがあります。

プラスチックごみだけじゃない!衣類にも海洋汚染の原因が

マイクロファイバーと海洋汚染

海洋汚染の原因として広く知られているのが、
プラスチックごみです。

プラスチックごみは波にもまれて5ミリ以下の小さな破片になります。
海中に蓄積され生態系に影響を与えています。

なによりもショッキングだったのが、
ウミガメやジュゴンの赤ちゃんの死亡事故が起きていることです。

プラスチックごみの破片を大量に飲み込んだことが
死因とされています。

それに加えて、衣類の原料に使われているマイクロファイバーも、
プラスチックごみと同じリスクがあるとして問題視されています。

マイクロファイバーはろ過しきれない

マイクロファイバーは非常に細いため、
濾過装置をくぐり抜けて海に排出されてしまいます

その量は1年あたり50万トンとも言われています。
ピンと来ませんがペットボトルに換算すると500億本とのこと。

私達が洗濯することで大量のマイクロファイバーを海に排出し、
その結果生態系や海の生き物を危険にさらしているということになります。

そんなの知らないじゃ済まされない話ですよね。

マイクロファイバーを減らすために出来る事は?

海に排出するマイクロファイバーの量を減らすために
今私達ができることについて考えていきたいと思います。

◉洗濯の回数を減らす。

マイクロファイバーを使用した衣類には、乾くのが早いという特徴があります。
このため毎日洗う人も多いです。

洗濯の回数を減らした分だけ、
海に排出されるマイクロファイバーの量を減らすことができます。

◉安い衣類は要注意!

あまりにも安い衣類はマイクロファイバーが抜けやすいという特徴があります。
値段は高くても品質にこだわりましょう。

◉ドラム式洗濯機で洗濯する。

普通の縦型洗濯機の方が、マイクロファイバーが抜ける量が多くなると言われています。
少しでも減らすためには、ドラム式の洗濯機が良いようです。

マイクロファイバーが海洋汚染の原因!? まとめ

マイクロファイバーを出さない努力

マイクロファイバーと海洋汚染についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

この問題に関しては、割と最近になって取り上げられているので、
意外と知らなかった!という方も多いのではないでしょうか?

私が普段よく着ているフリースやジャージには、ナイロン素材が使われています。
値段が安いため毎日のように洗濯機でジャブジャブ洗っていました。

目に見えないくらいの繊維が大量に海に流出し、その結果生態系や海の生き物に悪影響を与えているなんて考えたこともありませんでした。

私自身、マイクロファイバーによる海洋汚染について知ってからは、
洗濯を控えるなどして自分なりにできることを実行しています。

衣類に関しては、価格の問題などもあるので、
急に代わりのものを用意するという事は難しいかも知れません。

ただ、皆がしっかりとこの事実を知って、気に掛けるだけで、
何か新しい動きにもつなげることができるかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました