暑中見舞いをラインで申し上げます!近しい人なら逆にありがたい!?

ネット 日常生活

スポンサーリンク



江戸時代から始まったとされる暑中見舞いや残暑見舞いのやり取り。
そのあり方は時代とともに大きく変わってきました(‘ω’)

暑中見舞いを葉書で送るようになったのは郵便配達制度が整った明治時代からです。

葉書でやり取りするのが当たり前だった私達の価値観を大きく変えたのがインターネットです。

スマホの普及により葉書ではなくラインで暑中見舞いを送る人が増えましたよね!
私もラインで暑中見舞いのやり取りをよくしていますよ〜

ただし今のところは送る相手を普段からラインのやり取りをする友達に限定しています。
目上の人や義理の両親、お中元を贈ってくれた人などにラインで暑中見舞いを出すと失礼だと思われる可能性が高いためです。

今後間違いなくペーパーレスの時代が来るものと思われますが、現段階では送る相手と送らない相手をしっかり見極めましょう。

スポンサーリンク



暑中見舞いをラインで送る場合。関係性に注意が必要!見極めるには?

LINEで暑中見舞い

ラインはカジュアルな場面で使われることが多いです。

普段からラインのやり取りをしているような間柄なら、
暑中見舞いをラインで出しても違和感はないでしょう。

ラインで暑中見舞いをもらった方が楽という人も多いです。
ラインなら空いた時間にサッと出すことができますからね。

ラインで暑中見舞いを送る場合は、定型文だと不自然な印象になるため会話風の文面にするのがおすすめです。

暑中見舞いの涼しげなラインスタンプを添えると雰囲気を出すことができます。

葉書よりもフレンドリーで心がこもった印象になるのがラインの良いところです。

しかしながら送る相手はしっかりと見極めなければなりません。
こんな人にはラインではなく葉書で暑中見舞いを出しましょう。

ハガキで暑中見舞いを送った方がいい場合

◉義理の両親・親戚・目上の人・年配の人

暑中見舞いは葉書で出すのが当たり前だと考えている世代です。
ラインで出してしまうと失礼な人だと思われる可能性が高いです。

◉毎年暑中見舞いを葉書で書いて出してくれる人

若い人の中にも暑中見舞いのやり取りは葉書でしたいと思っている人が多いです。
毎年葉書をくれる人には葉書で出すのが無難です。

◉お中元を贈ってくれた人

暑中見舞いや残暑見舞いの時期はお中元の時期と重なります。
お礼の言葉を添えて暑中見舞いや残暑見舞いを出す人も多いです。

ラインは気軽に使えるため、どうしても軽い印象を与えてしまいます。
お中元を贈ってくれた方には葉書でお礼の言葉を添えるようにしましょう。

暑中見舞いや残暑見舞いもペーパーレスに。これからの新しい形

暑中見舞いもペーパーレスに

暑中見舞いや残暑見舞いは時代とともにそのあり方を大きく変えてきました。

暑中見舞いは江戸時代に始まったとされます。
この頃は今のような郵便配達制度はなく、近場なら品物を持って直接訪問、遠方だと飛脚便を使って手紙や品物を贈ったとされます。

佐川急便のトラックについているマークは昔の飛脚便のイメージをイラスト化したものです(^^)

明治時代になると郵便制度が始まり、暑中見舞いを葉書で送る習慣が広まりました。

携帯電話でメールが送れるようになってから暑中見舞いをメールで送る人がちらほら現れましたが、
その数はまだ少数派でした。

ラインが登場してから一気にネットを利用して暑中見舞いを出す人が増えたように思えます。
ラインの登場は大きく私達のコミュニケーションのあり方を変えましたよね(‘ω’)

このように時代の流れとともに暑中見舞いや残暑見舞いのあり方も変わってきました。

現在は気軽な間柄の人に限定してラインで暑中見舞いを出す人が多いですが、今後は誰に対しても送るようになる時代がやって来ると思います。

暑中見舞いをラインで? まとめ

LINEとスマホ

いかがでしたか?

暑中見舞いや残暑見舞いのやり取りは時代とともに大きく変わりました。
今後は確実にペーパーレスの時代が来ることでしょう。

私自身ラインで暑中見舞いのやり取りをするのは大変便利だと感じています。
葉書を買ったり、書いたり送るのにけっこう手間がかかるためです。

でも暑中見舞いをラインで送るのは失礼だと感じる人もいるため、送る相手はしっかり見極めたいところです。

時にアナログな方法でこそ伝わる事もあります。
暑中見舞いはLINEがメイン!という人は、たまには葉書で出してみるのも案外話題になるかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました