フリマアプリのやり取りが面倒くさい!買取業者を再検証してみる!?

フリマアプリと買取業者比較 アプリ・SNS

スポンサーリンク



オンライン上で品物を売買できるスマートフォン向けのサービス、フリマアプリ。

メルカリを始めとして、いろいろなアプリがありますが、手軽で「安く買える」そして「高く売れる」ことから、近年人気を高めています。

売りたい品物の写真と撮って出品するのですが、購入希望者とのやり取りが少し面倒な場合もあると思います。質問対応や値下げ交渉などのやり取り、その後も商品が売れたら梱包、発送まで自身で手配しなければいけません。

これは売るだけならもしかして買収業者にお願いした方が楽なのでは?
売りたいだけなら買取業者は引き取りにも来てくれます。

フリマアプリとは違う、買収業者にはどんなメリットがあるのでしょう?

スポンサーリンク



フリマアプリに疲れた… 楽なのは買取業者?メリットは

フリマアプリに疲れた

買収業者にもいろいろなサービスがあります。
品物を店舗に持っていく店舗買取、自宅まで取りにきてくれる出張買取、品物を業者に発送して査定をしてもらう宅配買取です。

どのサービスを選ぶかは売りたい商品で決めるといいですね。

少量の場合は店舗に持ち込む方が手っ取り早いし、ある程度の量があって持ち運びが不便なら業者さんに発送しましょう。
もし大きめの家具などを売りたいときや大量にある場合は出張サービスを使う方がいいかもしれません。

基本的な流れは、業者さんに売りたい商品を査定してもらって、その金額に合意すればその場でお金を受け取れます。

フリマアプリは写真撮影、解説文の制作、アプリへのアップロードから始まり、時々現れる非常識な買い手とのやり取りに、梱包材料の準備、梱包、発送、お金のやり取り、もしかしたら売買成立後のクレーム処理など、スムーズにいかない時は時間もやる気も失ってしまうそうですね。
しかも、売りたい品物がたくさんある場合はこの作業の繰り返しです。

これなら業者さんにお願いした方がいいのでは?と思ってしまいますが、買取業者にもデメリットがあります。比較して見ていきましょう。

買取業者のデメリット!?手軽さで金額を比較

フリマアプリと買取業者

買取業者は売りたい物をまとめて査定してもらうだけ、フリマアプリもスマホひとつで出品ができるのでどちらも手軽です。

買取業者は見積もりなどの手数料が無料のところがほとんどなので気軽に利用することができます。
フリマアプリは販売手数料や利用料がかかり、梱包材や送料も自分で負担することを考慮して値段設定をする必要があります。

買取業者は即時換金できるのでその場で取引が完了できますが、フリマアプリはあくまでも個人間のやり取りなので、売れない場合も考えられます。

買取業者のデメリットとしては業者によってはブランド品、貴金属、ジュエリーなど高額商品限定のところもあり全てのものに値段がつくとは限らないところです。
市場状況に合わせた価格設定なので査定金額が希望金額に添わない場合もあります。

その点、フリマアプリでは売れるかは別としてなんでも出品出来る上、価格設定も自由なのでスムーズに取引ができた場合は手元に入る金額も高くなる可能性があります。

売るものによって、どこで売るかは考えた方が良いでしょう。

フリマアプリ、買取業者 まとめ

売りたい時

フリマアプリも買取業者もそれぞれ メリットとデメリットがありますので、その特性を活かして活用するのが賢い使い方といえるでしょう。
フリマアプリは「安く買える」商品を求めるユーザーが多いので、定価が安い古着やバッグをはじめ、季節物や限定品なら少し高めの値段設定でもそれを欲しいと思う人も一定数います。

フリマアプリでは高額すぎて売れなそうな高額商品は買取業者にお願いした方が安全です。個人でやりとりするフリマアプリで高額商品を扱うと犯罪やトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

フリマアプリでのやり取りを楽しめるなら別ですが、もし面倒くさいと思っているなら買取業者を利用するのもありですね。

一度査定無料サービスを利用してみるとその手軽さを体感できるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました