LINEの有料オンラインライブサービス!気になる内容と今後できる事!

イベント オンライン

スポンサーリンク



日本国内だけでも、約8400万人のユーザーがいる「LINE」。

漫画が読めたり、電子決済ができたり、アルバイトや正社員での雇用まで探せたりと、チャットアプリの枠を超えて様々なサービスを取り扱っています。

そのLINEが提供するサービスの中に、ライブ配信アプリがあるのをご存知ですか?
その名も「LINE LIVE」。

ライブ配信というジャンル自体が人気を得てきて、
・17LIVE
・Pococha
・SHOWROOM

など、様々なアプリで楽しめるようになってきました。

配信用アプリを使わなくてもInstagramのストーリーやYouTube Liveでも生配信をできますね。

そのライブ配信業界に、国内アプリ使用率第1位のLINEも参入しているのですが、今夏、有料で動画配信の新サービスをリリースすることを発表しました。

その名も「LINE LIVE VIEWING」です。

まずは内容を知るために、既にリリースされている配信アプリ「LINE LIVE」を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



まずは配信アプリ「LINE LIVE」ってどんなもの?

LINEの動画配信

LINE LIVEは上記に挙げた配信アプリと同じようにライブ配信を行えるアプリです。

LINE LIVEが人気を得ている大きな理由は、芸能人が多数配信を行っているというところにあるでしょう。
ゆずやAKB48などのアーティストやアイドル、ぺこ&りゅうちぇるなどモデルやピスタチオなどの芸人、さらに北川景子やベッキーなどの女優勢も配信しています。

番組公式アカウントなどもあるので、出演俳優同士のコラボ配信などがあるのも、LINE LIVEならではの魅力です。

もちろん、芸能人でなくても配信できます。
初心者向けにもプロ向けにもオーディション企画を多数行っており、様々なイベントとコラボして開催されています。

配信では、毎日のログインや長時間視聴によるボーナス、購入などで手に入れたポイントを使ってアイテムを購入し、配信者=ライバーを応援することができます。

カメラアプリにもあるような顔認識スタンプやフィルター機能も充実しており、かわいらしい配信ができると人気です。

スマホ画面をそのまま配信できるのでゲーム実況やお絵かき配信もでき、
顔を出したくないという人にはラジオ配信機能も用意されています。

また、JOY SOUNDと連携した「カラオケ機能」も搭載されているのでカラオケ音源がないときでもカラオケ配信ができるし、エコーやサウンドエフェクトなどの機能もあるので、特別な設備がない人でも高品質なカラオケを配信できます。

これが従来の、現在既に人気を得ているLINEのライブ配信アプリです。

では次に、今後リリースを控えているLINEの新しい配信サービスについてご紹介したいと思います。

今夏スタート!「LINE LIVE VIEWING」とは?

LINEの新サービス

5月28日、LINEは視聴権販売から、販売促進、配信、課金まで一貫してサポートを行うオンラインライブ「LINE LIVE VIEWING」を今年の夏から提供すると発表しました。

コロナの影響により、ライブハウスや劇場で行うコンサートやイベントは軒並み中止になり、ビジネスもエンターテイメントもオンラインで行う時代になりました。

今までに挙げてきたような配信アプリなどを利用して、自分たちのエンターテイメントや音楽をこのコロナ禍においても発信できている人もいます。

しかし本来、イベント製作は製作のプロ、音楽は音楽のプロが担当してライブを作るため、現在のこの限られた環境の中で、よりハイクオリティーな、リアルなライブを、バンドや演者だけの力で作るのはかなり難しいことです。

そこで、企画や製作のプロが製作面を担当しより良いエンターテイメントを提供できるオンラインでの場を作ってくれました。それが「LINE LIVE VIEWING」というわけです。

・チケット(視聴権)購入
・LINEの各種サービスを使った事前通知による販売促進配信
・ライブやコンサートなどの配信
・課金 にいたるまで、業務の全体を
このLINE LIVE VIEWINGが行ってくれます。

既に、今年5月に行われたBLOCK FESTIVALとコラボしたオンラインライブでは48万人以上の視聴と、1枚4000ポイントのTシャツが1300枚売れる投げ銭の効果も出ています。

コースも様々で、機材やスタッフも貸し出すコース、おまかせコースなど、そのグループや形態にあったサポートをしてくれます。

先に挙げたLINE LIVEよりは、すでに活躍しているプロ向けという感じですが、これで自宅にいながら、コンサート会場にいるようなライブを楽しむことができます。

また、コメント機能などを使い、アーティストからの一方通行だけでなく、ファンからの声もリアルタイムに聞くことができるので今後はファンミーティングなどにも対応していくということです。

LINEの動画配信新サービス まとめ

LINEの新動画配信サービス

コロナ第一波収束と共に、今度の生活「ウィズコロナ」がどのようなものになるのか、不安な人も多いと思います。

最低限の仕事や学校は再開できたけれど、演劇やライブ、飲食業などの、集客がメインとなるサービス業は、今後どのように続けていくべきかわからない部分も多いと思います、

そんななか、エンターテイメント業界に救いの手を差し伸べてくれたLINE LIVE VIEWING。

このサービスを利用すれば過去に行ったライブの映像を配信するだけでなく、新たなライブを、世界中に配信していくことが可能になります。

もちろん、既に普及している配信アプリで気軽に配信を続けていくことも良いです。

そういったところからデビューする人たちもたくさんいますし、より身近に感じることができると思います。

しかし、私個人の意見としては「良いものにはそれだけの対価を払うことが礼儀である」と思っているので、エンターテイメントに適した環境で、プロのスタッフと共に作り、観客側はそれに見合った値段を払えるというシステムは、本来プロのエンターテイナーが身をおくべき環境だと思います。

このシステムがリリースされたら、多くのエンターテイナーが活用できて、コロナ以前のように、安全安心に、最高のエンターテイメントを楽しめたら良いなと思います。

タイトルとURLをコピーしました