お月見にはなぜススキを飾るの? 昔の人がススキに込めた願いとは?

ススキをお月見に飾る 季節イベント意味・由来

スポンサーリンク



日本全国どこにでも分布する、日本人なら知らない人はいないくらい身近な存在の「ススキ」。

古くから人々と深く関わり万葉集などでもススキの和歌が多く収録されています。
なんとなく寂しい秋のイメージ、または黄金色に群生する「ススキ」を連想す人も多いのではないでしょうか。

ススキは尾花とも呼ばれ秋の七草の一種です。

そしてお月見の際に、お団子と同じく欠かせないくらいの必須アイテムでもあります。
お月見は平安時代に中国から伝わってきた行事で、旧暦の8月15日に丸いお月様を眺める風習です。
現代では暦の数え方が異なるのでその年によりますが、9月中旬から10月上旬の十五夜にお月見をします。
当初は貴族が月を見ながら酒を酌み交わし、詩歌や管弦を楽しむ風流な催しだったそうですが、江戸時代になると、次第に庶民の間にも広がり収穫を祈願する行事へと変わっていきました。

それではお月見でのススキにはいったいどんな意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク



十五夜でススキを飾る理由とは?

15夜でススキを飾る

古くから ススキは茎の内部が空洞なため神様の泊まり場になると信じられていました。
また、ススキは切り口がとても鋭いため、魔除けにもなると考えられていました。

そのため、ススキは悪霊や災難から収穫物を守ったり、翌年の豊作を願うという意味を込めて飾られるようになりました。

地域によっては、お月見に使ったススキを捨てずに庭や水田に立てる、また軒先に吊るなどして、災いから家を守る風習が今でも残っている場合もあります。

なんだか寂しげなススキですが神様が宿る依り代として扱われ、魔除としても信じられているとなると、心強いですね。

月見団子は満月を。ススキは稲穂を表現?

お月見

そして 、お月見といえば団子です!

お団子の丸い形は満月を表していて収穫の祈りや感謝とともに健康や幸福のシンボルとして使われています。
また、お月見の時にお供えされたお団子を食べると、健康や幸福を得られると信じられています。
そしてお団子を山型に積み上げるのは「お団子の先端が霊界につながっている」と考えられてきたことによるそうです。

意外と知らない月見団子の数

積み上げの数は、その年一年の間に見られる満月の数、12個か13個。または十五夜に因んで15個、十三夜なら13個。または簡略化して、3個や5個だけお供えすることもあります。

そんな決まりがあること、しってましたか?

稲穂の代わりにススキ?

また、ススキは実は稲穂を表現しています。

本来の依り代は稲穂だったのですが、この時期に稲穂がないため形状がそっくりであるススキを稲穂の代わりに使うようになったのです。

他にも秋の七草や秋桜など季節の草花を飾ってみるのもいいですね。
お月見用の切り花セットを用意したり、庭に咲いているの草も活用して楽しみましょう。

お月見にはなぜススキ? まとめ

お月見にはススキと団子を

現代では昔からの風習や行事が薄れている傾向がありますが、お月見は、豊作を願うお祝いの行事です。古くからのお月様に込めた願いをもう一度自分たちで振り返り、未来へとつないでいくのも悪くないですよね。

お月様を眺められる場所に台を用意したり、お庭をお月見会場にしたり、夕食やお酒を用意してみんなで、またはひとりでお月見を楽しんでみませんか?

お団子を作り、ススキや草花、収穫を祝うため旬の食材を用意して、お月見が終わったら備えたものを美味しくいただきましょう。
そうすれば神様との結びつきがつよくなると言われています。

また十五夜だけでなく十三夜では大豆や栗を備えることから「豆名月」と言われ、旧暦10月10日の十日夜の3回ともお月見をすると縁起がいいそうです。

忙しくめくりめく日々の中、秋の夜長にお月見をしてみるのは健康と幸せを呼ぶ素敵な風習ですね。ぜひ今年は中秋の名月に心を向けてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました