使い捨て以外のマスク選びは何が基準?後悔しないマスクの選び方は?

マスク選び マスク

スポンサーリンク



外出すると自分や他人を守るためにマスクをしている人が9割以上になりました。

気を抜くことができない状態が続いているのに、高温多湿の日本でこれから先もマスクをする必要があるなら色んなマスクを知らないといけませんね。

使い捨て以外のマスクはどれも同じようにみえるのですが、説明書をみると洗える回数や素材などがマスクによって微妙に違うのです。

最近は水着素材のマスクや抗菌防臭・消臭・花粉対策の効果があるもの、50回洗っても99%の菌を抑制させる効果があるマスクもあって需要に対してすぐ対応できる技術があるのはスゴイですね。

技術が進んで効果が高いものがあるのはわかったのですが、マスク1枚の価格が132円~4950円まであるので、あの小さいマスクにどこまで求めるのか!ということです。

要するに機能重視か価格重視のどちらを選択するのか?というのがポイントです。

スポンサーリンク



わたしは価格重視!132円を買ってジャブジャブ洗う!

マスクの選ぶ基準

昔からある布性のマスクは肌なじみが良く呼吸もしやすくて吸水性があり、ポリウレタン素材のマスクも洗えることやちょっとオシャレにみえるので数年前から増えましたね。

肌が弱いかたは昔からあるアベノマスクタイプの綿100%、蒸れて不快な方におススメなのがメッシュ素材で通気性が良い夏用のマスクもあります。

気管や肌が弱いわたしは主にこればかりで、夏用も必要かなぁ?と考えていたところです。

プリーツタイプのマスクは大きくなるのでサイズがわからないときにワイヤー部分を鼻にフィットさせて立体的に使って防御します。

カワイイを重視するならレースやリボンがついているカワイイタイプ、赤い鼻とヒゲ、黄色い鈴と水色だけでわかるキャラクターのマスクもありました。

洗えるマスクはお手入れが楽で長く使えるのが一番重要?

使い捨て以外のマスクって、外出先から帰ってきて毎日洗うのって面倒ですよね~。

洗えるマスクは洗濯機で洗えるものと手洗い洗濯のみで丁寧にしなければならないものがあります。
乾燥機が使えるものはほとんどないので、洗うのが面倒で使用したマスクを放置して新しいマスクを次々に使ってませんか?

綿素材のマスクはジャブジャブ洗うことができますが、やさし~く手洗いしないとヒドイ縮みとシワシワのマスクが出来上がってしまいます。
家で使うならまっ、いいかぁ~と使っていますが、外では少しハズカシイですよね。

マスクを洗うと劣化していく!?

洗えるマスクも万能じゃないので、何度も洗っていると機能が低下してウイルスを防ぐ効果も低下しますので、説明書に記載している洗える回数を確認しましょう。

洗える回数が記載されていないものは、耳にかける部分が伸びたり傷んだり、全体の色があせてきたら交換時期と考えるのが良いみたいですね。
コスパを考えるならフィルターを交換するタイプを購入すると良いでしょう。

はじめはぴったりジャストサイズだったのが洗って使っていくうちに伸びてしまうので、ひも部分が調節できるものを選ぶと長く使えます。

お手入れが楽で長く使えても洗濯するたびにウイルスを防ぐ効果が低下するので、最終的には咳やくしゃみなどの飛散防止と手指が口や鼻に触れることを防ぐだけになります。

機能を追求するなら、ウイルス除去効果が続く高価なマスク!

使い捨てマスク意外の選び方

使い捨て以外のマスクで機能を追求するとどうなるのか、どういうものが高価なのかと調べていると国産と表記されているものは確実に高いです。

触れるとヒンヤリする接触冷感素材を使用したタイプはUVカット機能も備えた快適な使い心地があり、水着素材のマスクはフィルターやハンカチを入れるポケットがついているので自分好みに調整ができます。

繊維に抗菌防臭・消臭効果の特許技術を施した綿100%のマスクは洗っても効果が持続して、部屋干しでも嫌なニオイがしにくく洗濯機でお手入れが可能で抗菌機能としては良いです。

機能面も良く価格も1枚当り400~1000円前後の商品は基本的に手洗いで、抗菌機能がありますが、どれくらい効果が継続するのかは不明です。

この辺りがもう少し詳しく知りたいけれど、抗菌効果の維持期間はふんわり、ぼんやりという感じでキッチリ記載がないので、各々がマスクの使い方や状況が違うことを考慮して気を付けないといけませんね。

高価なマスクには根拠がある!

毎日マメに洗うことも平気だし洗い替えも常備して万全な体制を取りたい!と思うかたには1枚5000円というスゴイ布マスクがあるのです。

ウイルス対策加工入りの洗える布マスクで、クレンゼという抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術を使用して細菌の増殖を抑制するマスクがあるのです。

50回洗っても99%の菌を抑制させる効果があるとキッチリ記載されています。
これなら50日は大丈夫ですが家族全員分を購入して洗い替えを考えると一人旅に行けそうです。

一番人気のポリウレタンマスク3枚入り約800円の洗濯は、手洗いで3回を推奨しているので記載通りに使用したら9日使えることになります。

約50日で計算すると金額的には差がありませんので、一人旅に行かなくても後悔しないと思う方はぜひ!

使い捨てマスク以外の選び方 まとめ

マスクを買う時に

使い捨て以外のマスクを購入するときに何も基準にすれば良いのかな?と思って販売されているマスクをいろいろと調べてみました。

色んなマスクがありましたが、同じようにみえてもホントにビミョーに違っていて良く確認しないと間違うことがあるかもしれません。
とはいえ、すべてのマスクを買う事はほぼ不可能なので、今回の記事が少しでも参考になればと思います。

外出するときに色んな人のマスクを調べていましたが、土地柄なのか種類が多くてその人の個性もでているのでバードウォッチングしているみたいでしたよ。笑

これから暑くなるので熱中症のリスクを考えながらマスクをしなければならないので注意が必要です。
収束するまでにはまだかかりそうですが、マスクありきの生活様式をしっかり取り入れて、自由に出かけて楽しく過ごしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました