エコバッグを選ぶときに気を付けたい「衛生面」汚れに強いバッグとは

エコバッグの選び方は? 生活に役立つ知識

スポンサーリンク



レジ袋有料化が始まってエコバッグを携帯されるかたが多くなって、便利そうなものからスタイリッシュなものまでいろんなタイプがありますね。

今までレジ袋を使っていたので何も気にしないで食品を持ち帰っていましたが、これまでと同じようにしていると、実はあなたのエコバックがかなり汚れて危険な可能性があります。

エコバックを選ぶときに重要視するところは人それぞれですが、衛生面についても考え方はひとそれぞれだったのでエコバッグの危険な事実に驚いているのですが・・・。

スポンサーリンク



あなたのエコバッグ、いつ洗いましたか?

エコバッグを衛生的に

ここで言えることは、今すぐ衛生的なエコバッグを選ぶことをおすすめします。

衛生的なバッグとは、丸ごときれいに洗えて清潔なものであること。
汚れを拭きとることや除菌できることが可能で乾きやすく清潔なバッグということ。

そして、できる事なら毎日完全に乾かしてからたたんで常に清潔な状態で収納することが重要です。

スーパーの魚やお肉類はパックに入ってラップされていますが、冷凍されているものを解凍したときの水分や氷の上にディスプレイしたり冷蔵庫の水分が付着していることがあります。

付近の農家から直接スーパーなどで販売している野菜は泥や虫も多く、雨降りのあとなら水分を含み土と混ざっていることがあります。

エコバッグの中の泥や食品の水分を洗わないまま放置して使い続けると、カビや雑菌が繁殖している可能性があるのです!

エプロンと同じですよ!きれいじゃない、汚れているので毎日洗いましょう!
まずは清潔に保てるエコバッグを知ることが必要です。

エコバックの素材を選ぶときの基準!衛生的に使えるのは

エコバッグの選び方

タオル地やポリエステル、コットン素材は軽いのでエコバッグで良く使われており、洗濯も楽で衛生面も良いのでお好みの素材を選ぶと良いでしょう。

ポリエステルはエコバッグの素材としては強いと思いますが、洗濯機で洗う頻度が非常に多いとバイアステープとポリエステルの強度に差がでてきて繊維がバラバラとでてくるので注意し手方が良いです。

コットン生地は丈夫で耐久性があるので使っていましたが、汚れたときに型崩れしても良いからと洗濯機で洗っても思うように汚れが落ちないこともありました。

改めてつけおき漂白と手洗いで洗濯という面倒くさいことをした経験があります。

あの織り目に汚れが入っていって、汚れなのか素材の色なのか・・気になるんですよね~。
コットン生地は汚れを見つけたらスグに洗うのがベストです。

買い物をする場所が遠方にある場合は、内側にアルミシートがついているものだと保冷効果があるので食材が傷むのを防げますが簡単に洗えないのがネックです。

エコバッグは汚れを落とすのが大事

汚れを落とすには熱湯や鍋でを使って洗うの方法が効果的といわれていますが、アルミシートがついている鞄は安定性がないので熱湯だと少し危険で簡単にはいかないですね。

布で汚れている部分を拭くことや洗剤の原液を布につけてたたいて拭く、除菌スプレーで清潔さを保つなどの工夫が必要です。

汚れたら洗うのが正解ですが、目に見えない汚れでも衛生面を考えると洗ったほうが良いです!
ニオイで判断するとわかりやすいですね!多分クサイはずでーす!

洗濯機で洗えるものは気にせずに洗って、型崩れが気になるなら洗濯ネットを使用することや手洗いをしましょう。

防水・撥水生地のエコバッグなら汚れに強い

衛生的なエコバッグ

水分や汚れをはじくような素材なら良いのではないか・・と探していたら、ありました!

ポリエステルの中でもオックスフォード生地を使ったエコバッグは、防水性があり雨の日に使えて洗濯もできるので衛生面も清潔に保てます。

62gのエコバッグはコンパクトにたたんで収納できる大きさですが20kgの耐荷量を備えているのでとても丈夫です。

オックス生地はラミネート生地と同様に撥水能力に優れているので、幼稚園などの入園グッズなどにもよく使われていますが長時間濡れると染み込んで濡れた感じになります。

ラミネート生地の撥水効果は抜群ですが、洗濯機を使うと内側の生地がボロボロになって使えなくなるものもあるので汚れたら拭きましょう。

アイロンも使えませんので、撥水効果のあるタイプは内外の素材をよく確かめてどれくらい効果があるのかしっかり確認することが必要です。

あなたがいつも使っているバッグをラミネート加工やビニール加工することも可能ですが、費用がかかるので、いろんなタイプのエコバッグを試してから加工することをおすすめします。

衛生的に強いエコバッグの選び方と使い方 まとめ

エコバッグの衛生

レジ袋有料化が開始されたのでエコバッグを選ぶときに気をつけることや、汚れにくいものを探してみました。

100円均一からスーパー、セレクトショップまであらゆるエコバッグを探してみましたが、衛生面を考えるとコレはないな・・とか、これイイね!とかわかってきます。

薄手のタイプでコンパクトにたためて収納できる使い勝手が良いエコバッグを、食材ごとや商品ごとにわけて食品用は常に洗って清潔に!が一番。
使い分けるのが衛生的にも機能的にも良いですね!

どちらにしても、洗わないのはイケマセン!
きっとプ~~ンと変なニオイがしますし、衛生的にホントによくないです。

今後は必需品となること間違いなしのエッコバッグ。

今回取り上げた記事で、あなたがオシャレでキレイなエコバックを選ぶお手伝いができたらうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました