コオロギパウダーの使い方ってどうすれば?美味しく食べるにはどうする

気になるフード

スポンサーリンク



2030年には世界人口が90億人を超えると言われている中で、食料不足が心配されつつある現代で最近注目を浴びているのが「昆虫食」です。

その中でも特に注目されているのは”コオロギ”で、フィンランドではたくさんの食用コオロギ農家が存在するほどポピュラーなものになってきています。

多くの昆虫食愛用家たちがいる中で、一般の昆虫食は未経験の人にはコオロギそのままのお姿を食すのはなかなか勇気が入りますよね?

そこで近年特に注目されているのが「コオロギパウダー」なんです。
え?コオロギパウダーって何?って思う人が多いと思います。

しかし、コオロギパウダーはそのままの意味で、コオロギを乾燥させ粉々にし、パウダー状にしたもののことです。

虫が苦手な人にとっては考えられないような食べ物ですが、実はコオロギを始めとする昆虫食は栄養価も高くまさに最高のスーパーフードではないかと言われています。

食べるか食べないかは別として、今後主流になっていくかもしれない昆虫食について今回は詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク



コオロギパウダーってすごい栄養価のスーパーフード?!

コオロギパウダーの栄養価がスゴイ

 

では、昆虫食の中でも癖が少ないと言われている”コオロギ”ですが、きなこなどと同じような方法で食されている「コオロギパウダー」についてお話しましょう。

コオロギパウダーに限らず、昆虫はあまり味がしません。
しかし、虫ならではの風味や食感はそのままで食べるとどうしても避けられません。

パウダーにしたコオロギは乾燥もしくはローストさせてあるため、香ばしい香りが特徴的です。最近はココアやチョコレートなどの味をミックスさせている商品も多いようです。

コオロギパウダーの栄養価はなかなかスゴイ

実はコオロギパウダーが100gあるとすると約6割がプロテインで出来ています。そのため筋トレをした後に食すことでかなり効率アップにもなるんです。

さらにコオロギパウダーのタンパク質は動物性のため、筋肉生成に必要なアミノ酸も多く含まれています。

神経細胞や血液細胞を健康に保つためのビタミン12やオメガ9も含まれていて、鉄分に至ってはなんとほうれん草の約2倍も多く含まれています。スゴっ!

コオロギパウダーはまさに現代人の健康をサポートするスーパーフードですね!でも、どんなに体に良いと言われても美味しく食べられないならどうしようもありませんよね?

そこで、「コオロギパウダー」のおすすめの食べ方を詳しくご紹介しましょう。

コオロギパウダーを美味しく食べるおすすめレシピとは?

コオロギパウダーを美味しく

コオロギパウダーは食べ方によっては問題なく食べることが可能なスーパーフードです。しかし、ちょっとした注意も必要です。

それはどのコオロギパウダーにも記載がありますが、甲殻類アレルギーつまりエビやカニのアレルギーがある人は気をつけなければなりません

コオロギパウダーは匂いを嗅いでみるとわかるのですが、エビの香りに似た匂いがします。そのため、食す前に十分注意してくださいね。

1. 市販のコオロギせんべい

まず昆虫食初心者はコオロギパウダーの購入はせず、市販のコオロギせんべいなどから試してみましょう。

しっかりとコオロギパウダーが練り込んであるので、コオロギを十分摂取することができます。そして味が大丈夫かも同時に確認しましょう。

2. コオロギパウダーの栄養満点バナナシェイク

コオロギパウダーを使ったシェイクです。実はコオロギパウダーを牛乳などに混ぜると栄養価は高くなるのですが、まずくて飲めません。

そこでコオロギパウダーは1gで10匹のコオロギを食べる(!?)ことができるので、しっかりとたんぱく質が取れるように20gくらい入れましょう。もっと入れても良いですが、手初めにはこのくらいから。

材料はバナナ1本、牛乳適量、砂糖大さじ2、コオロギパウダー20gです。これを全部ミキサーに入れて混ぜれば完成です。粉っぽさも軽減されて美味しく飲めますよ。

3. コオロギパウダーで高タンパクなお好み焼き

お好み焼きは粉もの料理の代表です。そこで、そこにちょっとだけコオロギパウダーを入れてお好み焼きを作ってみるととても美味しく出来上がります。干しエビの感覚ですね。

材料はいつものお好み焼きにコオロギパウダーを入れるだけで出来上がりです。小麦粉90%、コオロギパウダー10%くらいの比率が丁度いいようです。

あんまり多いと生地が真っ黒になりコオロギの香ばしさが強くなりすぎて、苦手な人は食べられないようですのでご注意ください。

4. 黒いうどん?!コオロギパウダー入りうどん

コオロギパウダーは先程のお好み焼き同様小麦粉と合わせて作ると違和感なく食べられます。炭水化物も罪悪感なく食べることができますよ。

材料は小麦粉とコオロギパウダーを2:1の分量で混ぜます。うどんの作り方は人それぞれですので、自分に合った方法で作ってみましょう。

カレーうどんや、濃いめのつゆでいただくとさらに美味しく食べることができます。

このようにコオロギパウダーはとても実用性もある未来の食材なんです。

しかし、日本でけでなく世界でもまだまだ昆虫食に対する理解は得られていないのが現状です。

寄生虫や飼育、またアレルギーの問題など、今まで口に入れていなかったものをみんなが食べられるようにするにはたくさんの課題もあるようです。

コオロギパウダーの使い方 まとめ

コオロギパウダーの栄養

今回は昆虫食でもポピュラーなコオロギ、それもコオロギパウダーについて詳しくご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

栄養不足の現代人の体に革命を起こしてくれるかもしれないコオロギパウダーは、これからますます目が離せない存在といえます。

体を鍛えてる方はもちろん、たんぱく質不足で悩んでいる人は一度挑戦してみてはいかがしょうか?私はぜひ挑戦してみたく思います!

今後はビーフorチキンorクリッケット(コオロギのこと)?なんて飛行機で尋ねられる日も近いかもしれませんね。笑

コオロギパウダーのレシピもぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました