藤井棋聖で話題のプロ棋士の収入!タイトル獲得で驚きの金額に!?

藤井棋聖の収入は  気になる情報

スポンサーリンク



2020年7月16日、藤井聡太七段が渡辺明三冠を破り、「棋聖」のタイトルを手にしました。

30年ぶりの最年少記録の更新に、人々は沸き立ちました。

そこでふと気になるのが、賞金ではないでしょうか?これほどの実績を出した藤井棋聖はどれほどの賞金を受け取るのだろう・・・。

またそもそも、プロ棋士の収入はいくらぐらいなのか
プロになるのも難しいとされている将棋の世界。それなりの報酬はあるはずです。

そこでここでは、意外と知られていない、プロ棋士のお財布事情に迫ります。意外な金額に驚くはずです!

スポンサーリンク



プロ棋士の収入はどこから?気になる収入源

プロ棋士の収入

まず、プロ棋士の収入はどこから発生しているのでしょうか?

対局姿しか見ていないと、意外と想像しにくいものです。
彼らの収入は、大きく分けて「基本給」と「歩合給」があります。

それだけ聞くと、私たちとあまり変わりませんよね。

基本的に、給料は将棋連盟が支払います。基本給は定時も年功序列も関係なく、実力で決められます。

棋士全員が参加する順位戦ではAクラス、B1クラス、B2・C1・C2という5つのクラスに分けられ、その所属クラスによって基本給も変わるのです。

クラスごとにリーグ戦が行われ、強ければ昇級できるシステムです。クラスごとの金額は以下の通りです。

  • 名人:106万円
  • Aクラス:65万円
  • B1クラス:49万円
  • B2クラス:32万円
  • C1クラス:21万円
  • C2クラス:16万円

そして歩合給は、各棋戦の対局料です。その金額は棋戦によって異なりますが、2~30万円が相場とされています。

以上の基本給と歩合給をあわせたものが、棋士の収入となります
また、会社員と同じくボーナスもあり、盆暮の2回、基本給の2か月分が支払われます
B1クラス以上になるとサラリーマンの平均を超えてきます。

気になるプロ棋士の給料の出どころは?

しかし、ここで気になるのが、支払われている給料の発生源ですよね。

他のスポーツ競技と異なり、将棋は観戦料もないし、どこからお金が回っているのか・・・。
その答えは、タイトル戦や棋戦を主催する新聞社などの企業から出る対局料です。

新聞に記載される棋譜も、収入源といえます。またその他、テレビ番組の出演料や講演料なども加えられます。

以上をふまえると、所属クラスによって収入の違いがかなりあることがわかりますね。
また、会社とちがい、キャリアや年齢は関係なく、実力で上位に行ける世界。

かなり夢のある世界ともいえますよね。

タイトル獲得で4000万円!?プロ棋士の年収はいくら?

将棋界の収入源

それでは藤井棋聖のように、タイトルを獲得するとどれほど賞金をもらえるのでしょうか。

タイトル戦などの優勝賞金は基本的に非公表ですが、竜王戦は4400万円、朝日杯将棋オープン戦は750万円であることが公表されています。

一度の試合でここまでの金額を手に入るというのは、かなり驚きですよね。そして年収となると、賞金に加えて対局料も加わります。

一般的なプロ棋士の平均年収は、およそ1000万円。

2019年に最も賞金・対局料を手にしたのは豊島竜王・名人で、なんと7157万円です。

これだけ見るとかなり魅力的な職業のように思えますが、もちろんプロ棋士になれるのは
、一握りの「超エリート」のみ。

●将棋のタイトルと格を詳しくまとめました記事です。興味のある方はどうぞ
将棋で一番賞金が高いタイトルは?格の高さと合わせて解説

プロ棋士への道は超難関!

まず待ち受けているのは、奨励会というプロ棋士の養成所の入会試験。
二次にわたる厳しい試験をくぐりぬけられるのは、たった3割ほどの実力者のみです。

ここで大半の棋士たちが脱落していきます。
しかし、ここからがプロ入りへのいばらの道の始まり。

月に2回の対局を重ね、昇段した先に参加できる「三段リーグ」で、31人中上位2人に入ることができれば、晴れて4段となりプロ棋士を名乗れるのです。

何度も受けられますが、これに加え年齢制限もあります。こういったことからプロ棋士を目指すのはかなり厳しい道で、「東大より難しい」と言われる所以です。藤井聡太さんが早い段階でプロになったというのは、かなりすごい事なんです。

そう考えれば、プロ棋士の年収は妥当な額であるように思えますね。

藤井棋聖で話題のプロ棋士の収入は? まとめ

藤井棋聖の収入は 

以上、プロ棋士の収入についてご紹介しました。

将棋の世界は、歴史が長く伝統を守る習慣が多い分、閉鎖的な部分もあるので私たちが知らないことも多いのではないでしょうか。

その一つが収入であり、実はその全貌は公表されていません

それでも、彼らはプロであり、私たちと同じく給与をもらいながら競技に取り組んでいるのですね。

今回、収入の裏側を知ることで、少し将棋を身近に感じることができたという方もいるのではないでしょうか?
日本の伝統的な競技のひとつ将棋。スポーツに比べて派手さは無いかもしれませんが、ルールや相関図などを知ると、なかなか面白いと思います。

最近藤井棋聖で話題の将棋界。
これを機に、ぜひ将棋の世界をのぞいてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました