コーラの缶とペットボトル値段も違うが中身も違う?ホントのところは?

コーラに差はある? 気になるフード

スポンサーリンク



炭酸飲料 の代表格といえば、コーラですね!
蓋を開けて口に含むとシュワシュワッと心地よい刺激と甘み、ついつい手を出してしまう飲み物のひとつです。

そんなコーラにも缶のものとペットボトルのものがありますが、なんだか味が違うと感じたことはありませんか?値段だけじゃなくて味も違うなんて、中身も違うのでしょうか?

実は中身は同じなのですが、入れ物によって炭酸量が変わるという違いがあるらしいのです!
ちょっと詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



缶とペットボトルでは味が違う?違うのは炭酸量の違い!

コーラの違い

 

炭酸飲料の世界において、その良し悪しの決めてはキレのある炭酸とその冷え具合ではないでしょうか。
ぬるくて炭酸のぬけているコーラなんて、もうコーラの意味がありません。

その程よい甘さとシュワシュワ感、ワクワクしながら蓋を開けるその瞬間!

「プシュッ!!」

今、思い浮かんだのはどちらでしたか?私は缶の方を思い浮かべました。
やっぱりシュワシュワ感を余計に感じるのは缶の方かなと思うのですが、皆さんはどうでしょうか?

実は缶の方が炭酸が多い!?

そうです、なんとその製造過程で炭酸量に差が生まれてしまっているのです。

缶コーラに使われているアルミニウムよりもペットボトルに使われているプラスチックの方が二酸化炭素の浸透性が高いため、同じ量の炭酸を注入しても炭酸の抜けが早いのです。
そのためペットボトルでは缶のような爽快感が失われてしまっているのです。

しかももうひとつの重要ポイントである温度に関しても、缶とペットボトルではその熱伝導率が違うので、同じ冷蔵庫に入れていたとしても缶の方がよく冷えているということになるのです。

確かに触ってみるとひんやり冷たく感じるのは缶の方ですよね。

ですから普段からよくコーラを飲む人は必ずと言っていいほど缶コーラを選ぶのは理にかなっているのです。

ちなみに心の底からコーラを愛する人はビンコーラを選ぶそうです。
瓶が一番影響を受けにくい構造になっているので、本来の味が楽しめるという事ですね!

中身は同じに思えますが、炭酸量と温度に違いが出てしまうので、わかる人にはやはり味は大きく変わってくるでしょう。

ちなみに外国のコーラは味が違うの?

海外旅行に行ってもいつもの見慣れたものを見ると安心して買ってしまいますよね。

世界共通でどこでも手に入るコーラ。
国によって味は違うのでしょうか?

実はコーラの味は、各社独自に配合してその味を出しているので、同じメーカーの製品であってもその味は異なります。

まず、味の違いに大きく影響するものが甘味料です。

アメリカのコーラはとうもろこし由来の果糖ブドウ糖液糖が使われているのに対し、メキシコのコーラにはサトウキビからできる純粋な砂糖が使われているらしく、アメリカの人に言わせるとメキシコのコーラは美味しいと評判らしいのです。

アメリカのコーラより値段が高いのにもかかわらず、コーラ好きは絶対にメキシカンコーラを選ぶそうです。アメリカ発祥かと思いきや、メキシコの方が美味しいと評判なんて意外ですよね!

コーラに限らず各国によって味は微妙に違いがある!

コーラの缶とペットボトル

メキシコのコーラに関しては、ちょっとした豆知識として周りに言いふらしてしまいましたw。
私もいつか機会があれば、その甘さを堪能してみたいと思います。

ちなみに日本のコーラはアメリカと同じく果糖ブドウ糖液糖(合成甘味料)を混ぜたものを使用しているそうです。

味については人それぞれの好みがありますので一概には言えませんが、純粋な砂糖を使用したコーラは美味しそうですね。

他の国でもそれぞれ砂糖やフレーバーの違いがあるので若干違いはありそうです。

イタリア産のオーガニックコーラはミネラルウォーターと有機原料のみを使用しているそうです。
カフェインゼロ、人工甘味料、着色料、保存料などの添加物も一切使用していない体に良い天然コーラ。
健康が気になるコーラ好きにはたまらないですね。

機会があればいろんな国のコーラを飲んでみたいですね。

ちなみに、私はオーストラリアでファンタグレープを飲んだ時に味が全然違うのと、色の青さにびっくりしました。

紫ではなく毒々しい青紫。国によっての違いを実感した瞬間でしたね。

コーラのペットボトルと缶では味が違う? まとめ

コーラの味の違い

なんとなく気になっていた コーラの違い、炭酸量や冷え方によって味は随分と変わるものですね。

マックのコーラが美味しいという意見もあったのですが、マックではコーラがディスペンサー内で冷蔵されている、または若干太いストローが使われているなど、コーラを美味しく飲むための工夫がなされているようです。

コーラ好きな人、またはコーラをもっと美味しく味わいたい人は、より炭酸量の多いものを選び、しっかりと冷やしてコーラ本来の美味しさをじっくりと味わいましょう。

糖分が気になるのであれば、シュガーオフや、カロリー少なめのものもあります。
いろいろ試して自分に合うものを見つけられると良いですね。

私は子供の頃コーラを飲むと骨が溶けると教えられていたのでw、普段はあまり飲まないようにしていますが、時々飲むとなんだか悪いことをしているようなゾワゾワ感も相まってとても美味しく感じます。(昭和育ちあるあるですね 笑)

暑い時も寒い時も、必ず近くに存在しているコーラを始めとした炭酸飲料。
缶にしても瓶にしてもペットボトルでも、そのシーンによって楽しんでいきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました