3歳に最適な自転車のサイズとは?練習にちょうどいいものを選ぶコツ

自転車 子育て

スポンサーリンク



3歳の誕生日に、自転車をプレゼントしようと考えているお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか?

実際3歳から自転車の練習を始めるご家庭は多いです。
でも自転車のサイズ選びで悩んでしまうんですよね…

自転車の練習時に、ヘルメットは必ず必要になるのかも気になるところです(‘ω’)

3歳児の自転車選びや、ヘルメットの必要性や選び方についてもご紹介します。

スポンサーリンク



3歳での自転車の平均は12インチ?

自転車

私自身、初めて子供に自転車を買おうと思った時に、すごく悩んだのが、自転車のサイズ選びでした。

サイズが細かく分かれているため、どれを買えば良いか、よく分かりませんでした。子供は成長が早いため、長く乗れるよう大きめサイズを買おうかなとも思いました。

私の例ですが、実際に子供が試乗させてみたところ、大きめの自転車は子供がすごく怖がったため、両足が地面にしっかり着く12インチの自転車に決めました。

3歳児に合う自転車のサイズは、12インチ、または14インチが一般的とされています。ですが、自転車を購入する前には、必ずお子さんに試乗させることをおすすめします。

3歳の自転車の平均サイズと選び方

一般的には12インチ、14インチは、あくまで3歳の平均身長や体格に合うサイズです。

なので、全ての3歳児に合うサイズではありません。

子供が自転車に乗った時に足の裏が地面に着くこと。
そして乗りやすいものを選ぶようにしましょう。

両足のつま先が地面に着けば良いともされていますが、3歳児はまだバランス感覚が不安定なため、足の裏が着いた方がお子さんも安心して自転車の練習に取り組めると思います。

また自転車は、デザインによりサドルやハンドルの位置が異なります。

サイズに問題がなくても、子供が乗りにくいと感じることがあるので、乗りやすさというのも自転車が乗れるようになるための大きなポイントです。

自転車の練習にヘルメットは必要?

子供が自転車に乗る時のヘルメット着用は、道路交通法では次のように定められています。

児童・幼児を保護する責任のある者は、児童・幼児を自転車に乗車させるときはヘルメットをかぶらせるように努めなければいけません。

このようにヘルメット着用は、努力義務のため、かぶらなくても罰金などの罰則が与えられることはありません。

しかし子供のことを第一に考えるならば、ヘルメットは必ずかぶせた方が良いです。子供は頭が大きいため、転倒した時に、頭から落ちやすいためです。特に練習中は要注意です。

頭に大怪我を負ったり、最悪のケースでは生命を落とすこともあります。

また自転車の練習は道路上で行うため、何が起きるか分かりません。こちらがどんなに注意していても、向こうから突然来る場合がありますからね…

あの時子供にヘルメットをかぶせておくべきだったと、後悔しても時間を巻き戻すことはできません。

ヘルメットは必須!選び方は?

お子さんの安全のためには、ヘルメットは必須アイテムです!

では、どんなものが良いのか?ヘルメットの選び方についてご紹介しますね。

せっかくヘルメットをかぶっていても、合っていないなら意味がありません。ヘルメットも自転車と同じで、購入前には必ず試着させる事をおススメします。

まゆ毛の上まで隠れて、前後左右に動かないものを選ぶのがポイントです。

顎ひもを調整しても、ヘルメットがぐらぐら動く時は、サイズが合っていない証拠です。
値段はそれぞれありますが、それほど高価なものではなくても効果はあるので、とにかく合っているものを選ぶのがポイントです。

3歳の自転車とヘルメットの選び方 まとめ

3歳の自転車サイズは、12インチか14インチが一般的とされています。

しかし自転車のデザインによっては、子供が乗りにくいと感じることがあるので、必ず試乗してから購入しましょう。インチサイズだけではわからない部分もあるという事です。

また子供の安全のためには、ヘルメットは必ずかぶせるようにしましょう。

ヘルメット着用は法律上では努力義務にとどまっていますが、ヘルメットを着用することで子供を怪我から守ることができます。

しかし子供の頭に合っていないと意味がないため、ヘルメットも自転車と同じで、試着してから合うものを購入してくださいね。

補助輪を外すときなどは完全防備で、ひじやひざのプロテクターもあった方がより安全に自転車の練習ができます。慣れるまでは目を離さずに見守ってあげましょう!

タイトルとURLをコピーしました