インテリアデザイナーになるには資格?学校?なるために必要なのは?

インテリア 仕事とマナー

スポンサーリンク



家具、カーテン、照明などの内装全般の企画、設計を行い、あらゆる空間を魅力的に演出するインテリアデザイナー。

快適におうち時間を過ごしたい人が増えてインテリアへの関心も高まっているのではないでしょうか。

淡い色のカーテンがいいな、この辺にワンポイント欲しいななど考えているとインテリアデザイナーって素敵な職業だなって思うことはあるけれど、一体どうやったらなれるのでしょうか?

実はインテリアデザイナーには必須資格はありません。ですが関連資格はたくさんあります。
活躍しているデザイナーの多くはデザイン系の専門学校や美術大学の空間デザインなどで学んだ経験がある人が多いようです。

また、インテリアデザイナーは案件ごとの設計や企画に携わる点が多いので、デザインの知識だけでなく、建築に関する知識が求められケースもあり、建築士の資格を取得している人もいます。

スポンサーリンク



インテリアデザイナーに必要な能力って何?

インテリアコーディネーター

インテリアデザイナー はデザインだけが仕事ではありません。

特にデザイン会社で働く場合はインテリアの知識だけではなく、クライアントが本当に求めているものは何かを見抜く力、と関係者や業者さんとのやり取りを円滑に進めるための調整力など多様な能力が求められます。

また、ショールームではきちんとした格好で華やかなイメージですが、現場で大工仕事をしたり、資材調達に走り回ることもあります。
また、クライアントの要望や納期が近くなると時間もまばらで長時間働く日もあります。

インテリアデザイナーとしてのやりがい

それでも、プロジェクトを完成させたときの達成感は、大きな喜びとして感じられます。
また、クライアントをはじめ、大工さんや内装業者など、多くの人と関わって仕事をするので、仲間意識が生まれ良い関係が築けます。

いま記事を書いている私も、海外でインテリアデザイナーをしていた時期があります。

本当に大事なのは自分がどんなデザインをしたいかではなく、クライアントが何を望んでいるかを感じ取って、それを表現していくことでした。

クールな部屋にしたいのに、花柄いっぱいではいけません。強目の色彩を望むクライアントにナチュラルカラーでもいけません。
もちろん、転売用の場合は万人が好む色合いを選びます。ただそんな中でも自分のアートのセンスが見える何かを加えて、クライアントが予想できる範囲の少し超えた部分を見せてあげることを意識しました。

インテリアデザイナーとして働くにはどうすればいいの?

インテリアデザイナーの求人はデザイン会社もありますが、ハウスメーカーからの需要が多くなります。
ハウスメーカーは単純に企業数も多く、機能性やデザインなどを重視するので専門知識やセンスのあるインテリアデザイナーが求められます。

デザイナーとして一人前になるには10年くらいは必要です。
一人前になればフリーランスとして働くことも可能です。

ただ、インテリアデザイナーはある程度の建築の知識が必要です。
建築士が作成した図面を読んだり、設計図や、模型、CGなどで資料を作成することもあります。

私もクライアントのお宅へお邪魔して、メジャーで測って、全て設計図を作りCG化して、クライアントが納得いくまで何度も書き換えました。
もちろん学校では力学や建築学についても学びます。
私はインテリアデザイナーだと胸を張っていうまでにはかなりの時間と労力が必要です。

インテリアデザイナーの資質?

もし、カーテンや飾り付け、壁色などのみに興味があるのなら、インテリアコーディネーターがいいかもしれません。
これは、壁を壊したり、窓や水道の場所を変えたりする必要もなく、色やセンスがあれば楽しく働くことができます。
コーディネーターは美的センスという素晴らしいセンスがなければ成り立ちませんが、これさえあれば多くのクライアントに快適な空間を提供できます。

同じインテリアでも、いろいろな職種がありますので。

私がインテリアデザイナーになった時の状況は

ちなみに私の場合は、インテリアデザインの専門学校で3年間学んだ後、学校から推薦していただいてキッチンデザインの会社に就職しました。
面接では学校でデザインしたポートフォリオを見せたり、接客について考えを述べたり、セルビア人とイタリア人の二人のボスの前でドキドキしていたのを思い出します。

日本でも海外でも、大切なのは自分の売り込み方です。自信を持って自分の長所をどんどん伝えていきましょう。
ポートフォリオも目を引くつくり方があるので就職の際はそちらも意識した方が良いと思います。

インテリアデザイナーになるには? まとめ

インテリア

インテリアはおうちで過ごす時間を快適にするためにはとても重要な要素です。
おうちが快適であれば、家族は集います。そしてゆっくり休むこともできます。

もし、そんな空間作りが楽しい、こんなお仕事がしたいと思うのであれば、ぜひ始めてみてください。インテリアデザイナーにになるには特別な資格は必要はありません。

学校に行く時間がない場合は、まずインテリアの本を買って知識を深めるところから始めてみてください。センスはあるものではなく、磨いていくものです。

将来、あなたのセンスがたくさんの人が幸せなお家づくりの役に立っているかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました