スマホ投資は少額で始めても意味がない!?投資額によるメリット・デメリット

投資 お金

スポンサーリンク



将来への備えや貯金について考えると、資産運用にいきつきます。しかしいざ資産運用を始めようとする時、気になるのがリスクですよね。

運用自体難しそうだし元本割れも心配・・・。
そんな資産運用初心者さんが今注目しているのが「スマホ投資」です。

スマホ投資とは、その名の通りスマホでできる投資のこと。アプリを利用することで、手軽に運用できるうえ、少額投資も可能です。

ただ、少額投資は意味ないのでは?という声も聞こえます。

実際のところどうなのでしょうか・・・?

そこでここでは、そんな気になる疑問とスマホ投資の実態に迫ります。
スマホ投資を検討しているけれど、不安があるという方の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク



最大のメリットは気軽さ!小額投資のメリット

まず、なぜここまで少額投資が注目されているのかについて見ていきましょう。

投資のリスクが少ない

例えば、株式は一般的に100~1000株以上を購入しなければいけないため、少なくとも数十万円以上の資金が必要になります。

さらにその分、損失のリスクも高まります。

しかし小額投資は、10万円以下から始められ、リスクも少なくて済むのです。

例えば、「CREAL」というスマホアプリでは、最低1万円から不動産特化型のクラウドファンディングで毎月分配当金が受け取れます。

その他にも、おすすめの少額投資のスマホアプリはたくさんあります。

少額投資向けアプリ5選

トラノコ:あらかじめ「おつり設定」で金額を決めておき、クレジットカードでの買い物をした際のおつりで投資ができるサービス

FANTAS funding:不動産投資クラウドファンディングで知識がなくとも一口1万円から不動産投資が始められる

ネオモバ:SBIネオモバイル証券が運営する少額投資で、Tポイントを使って100円から投資が始められるサービス

One Tap Buy:スマホ専用の株式投資サービスで、口座開設から入金、株取引、決済までの操作をワンタップで行える

WealthNavi(ウェルスナビ):投資家ごとに最適なポートフォリオを構築してAIで自動的に投資が行えるロボアドサービス

税制上の優遇が受けられる

投資で得た利益には、もちろん税金がかかります。

原則として20,315%の税金がかかりますが、少額であれば「小額投資非課税制度(NISA・つみたてNISA)」や「個人型確定拠出年金(iDeCo)」といった優遇が受けられます。

結果的に節税につながるのも大きな魅力です。

※イデコとニーサの記事はコチラにまとめてあります
>>>つみたてNISAとイデコを徹底比較!得するための資産運用の選び方

分散投資ができる

分散投資とは、簡単に言えば複数の投資先を持つということ。
一口あたりの投資金額が少額であれば、様々な投資方法を試すことができます。

この方法をとることで、一気に損失を出すリスクを回避することができるのです。資産運用初心者の方は、かなり安心できますよね。

粘り強さが試される・・・小額投資のデメリットは?

メリットデメリット

次に、少額投資をする上で気を付けたいポイントについてご紹介します。

今のところ魅力たっぷりなスマホ投資ですが、デメリットもあります。
これからスマホ投資を始めるなら、ぜひ押さえておいてください。

まとまった利益を得るのに時間がかかる

小額投資では、掛け金が少ない分利益が少ないので、まとまった利益を得るまで時間がかかってしまいます。

そして、その間に世界情勢が悪化し、元本割れを起こしてしまうこともあるのです。

小額投資を長く継続して利益を得るのではなく、慣れてきたら徐々に投資額を上げていくことをおすすめします。

手数料が損益となる可能性がある

小額投資にももちろん手数料がかかります。

さらに、少額の場合の手数料は割高になることが多く、利益が出たのに手数料によって損益が出てしまった、なんてこともあるのです。

投資を繰り返す度に手数料はかさんでしまうので、注意が必要です。

 

スマホ投資は少額で始めても意味がない!? まとめ

投資

以上、スマホ投資の中でも小額投資について見てきました。

ここで、冒頭の「少額投資は意味がない」という意見に立ち戻ってみましょう

こう見ると、少額投資はメリットが多く、意味がないとは言えないことが分かるかと思いま
す。特に、リスクが少ないという点は、投資をするうえでかなり重要です。

ただ、確かに利益を出すのに時間がかかり、手数料など気を付けなければいけない点もあり、戦略的に運用しなければまとまった利益にはならないかもしれません。

このリスクは小額投資の場合に限られたことではありませんので、これから資産運用に挑
戦する皆さんに抑えていただきたい点です。

投資も気軽になった今の時代、ぜひスマホ投資にチャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました