身内が突然の入院!用意しておくべきもの、心の準備は??

入院に必要なもの 生活情報

スポンサーリンク



いつも当たり前にいる家族。

ある日、突然の体調不良やケガなどで、大切なご家族やご自身が入院することになってしまったら…。
しかも、突然だとしたら…(._.)

「どうしよう…。」
「何を準備すればいいんだろう…?」
って、多分…いやぁ…絶対に慌てちゃいますよね。

きっと不安なことや心配なことも多くて、「入院の準備にまで、なかなか気持ちが回らない…。」
なんてこともあると思います(ToT)

そんなとき、少しでも慌てずに準備ができるよう、入院には何が必要なのか。
なくてもいいけど、あれば快適に過ごせるような持ち物。

ちょっと経験を交えて考えてみました^_^
参考になればと思います!

スポンサーリンク



入院準備で必要な持ち物は?

入院準備

入院も、病気なのかケガなのか。
またどのくらいの入院期間になりそうなのか。
性別や年齢などによって、だいぶ違いは出てきます(^_^;)

まず、一般的な入院生活で必要になるものについてまとめてみました!

着替えやタオル

・パジャマ
・下着類
・バスタオルやタオル

パジャマは、病院によっては決められた物を着用するところもあります。
有料で借りられる病院もありますので、病院に確認は必要ですよね。
洗い替えのパジャマも必要になりますし、入院期間が短ければ、借りた方が安いってこともありますね♫

下着は、デザインやスタイルをよく見せるものより、ゆったりとして着脱しやすいものにしましょう!
術後や怪我の場合、看護師さんが着替えさせてくれることがあります。
キツめの下着だと、お互い気まずいですよー(泣)

そして、女性の方!!
ブラジャーはフロントホックがオススメ^_^
身体を動かしにくい時や、診察の時着脱しやすいです。
あと、パジャマもですが袖口がゆったりしたものや、前開きのものがオススメです。
点滴や注射をしたり、診察の時、楽ちんです(^^)v

タオルは、洗顔や入浴用など、大小複数のタオルがあると便利です。
また枕カバー代わりにしたり、吐き気が酷い時は、シーツの上にバスタオルを広げると始末が楽なので、毎日洗濯するとしても、余分に準備するのが良いかと思います^_^

入浴・洗面用具

・歯ブラシ、歯磨き粉、コップ(入れ歯ケア用品)
・石けん、洗顔料
・くし、ブラシ
・コンタクトケア用品
・シャンプー、リンス
・石鹸、ボディソープ
・体を洗うタオル

シャンプー類については、入院が長くなりそうなら、一般的なボトルを持って行っても良さそう!
2、3日くらいなら、旅行用や試供品で十分。捨てて帰ってこれますしね!

お食事に関するグッズ

病院食

・お箸やスプーン、フォーク
・コップ

病院によって違うと思います。
コップは、蓋付きのものを…とか、プラスチック製を(割れないもの)という指定があることもありますので、事前に聞いておきましょう。

その他、意外と忘れがちなもの

・ティッシュペーパー、ウエットティッシュ
・筆記用具(書類の記入やメモ用)
・室内履き(滑りにくいもの、かかとのあるもの)
・ゴミ箱(ゴミ袋)

ゴミ箱を持って行かない場合は、ベッドにかけて使えるS字フックも用意しておくと便利かも(≧▽≦)
入院に筆記用具?と思われるかもしれませんが、サインしたり、メモしたり。
意外と、あれば便利だと思います^_^

入院には、必要最低限のものだけあればいい??意外と役に立つもの。心のケアも!

入院に必要なもの

必要なものは揃っていても、旅行のような楽しいものじゃありません(ーー;)
不安になったり、イライラしてしまうことも…。

リラックスグッズもあると助かる

ツボ押しグッズ、目を温めて休ませる系のアイマスク、個室なら、ちょっとしたアロマオイルも気分転換になります。
間に合うなら、気に入った本や雑誌もあると良いです。
クロスワードパズルなんかは意外と喜ばれました。

上着、羽織物もあると便利です。

入院中はさっと羽織れる上着があると、意外と便利です。
冬だけでなく、エアコンが効いている時期でも、少し肌寒いと感じるとき、また来客があったときにも便利ですよ。

身内の突然の入院 まとめ

入院に必要なもの

身内の入院となると、やはり色々心配ですよね。
でも!!
何よりも、誰よりも大変なのは、入院をされているご本人

家と変わらない態度や言葉使いで、普段通りに接したほうがいいと思います。
私の場合は、新型コロナで義母が入院したのが最近なので、病院に入ることが難しい状況でした。
そんな中でもできる事はあるので、好きなものとかストレス解消ができるものをいろいろと考えて差し入れしてました。

身内といっても、子供であったり親であったり配偶者の場合もあると思います。

入院期間中、患者さんが身に着けることで、少しでも快適に過ごせたり、気持ちがほんのちょっと明るくなったりするような、アイテムを見つけて、早く退院できるように、心のケアに努めましょうー!!

タイトルとURLをコピーしました