フードシェアリングって何?アプリを使って簡単に食品ロス削減に協力!

フードシェアリング アプリ・SNS

スポンサーリンク



フードシェアリングって何かご存知でしょうか?

数年前から世界中で行われている社会活動で、食べられるのに捨てられる食品を「欲しい」と思っている人へ提供する取り組みです。

世の中には飲食店や小売店などで
「販売しきれない」
「売れ残りそう」
「規格外」
などの理由で食べられるのに廃棄している食品があります。

時間がくると大量に食品を捨てる国と、食べることもできなくて苦しむ国・・
ナントカナラナイノ・・って思う人がいるのも事実。

このムダを減らす取り組みの“フードシェアリング
どのように利用するのか、そして仕組みは?少し気になりますね。

アプリやネットで始められるフードシェアリングは、売上が寄付される社会貢献型のサービスもあるのです。

アプリから買い物をしてムダを減らして社会貢献・・・
なんか良いことしてるぅ!っていう雰囲気がダダモレですね~

では、もう少しフードシェアリングを詳しくご説明します。

スポンサーリンク



フードシェアリングって何?食品ロスを減らす取り組みのひとつ!

フードシェアリング

フードシェアリングは、小売店や飲食店と消費者が国内で無駄に捨てられている食品ロスを共に減らす取り組みです。

全人口76億人のうち約8億2100万人、9人に1人が飢えに苦しんでいます。
そして毎年生産される食料は約40億トンあり、全人口を賄うのに十分な量ですが、約13億トン、3分の1の食料が捨てられているのです。
(出典:国際連合世界食糧計画(国連WFP))

先進国では当たり前のように時間が来ると捨てられるお弁当や総菜、売れ残った食品は、飢餓に苦しむ世界中の人々を充分救えるのです。

日本はというと、年間643万トンが規格外や返品、食べ残しなどで捨てられています
それらの食品は、モッタイナイだけでなく廃棄コストや焼却によるCO2発生、焼却後の処理問題もあります。

日本は食料の多くを海外からの輸入に依存して、その一方で簡単に食料を捨てているという矛盾がありますね。

当たり前に捨てている状況を「もったいない!」「食品ロスを減らさなきゃ!」と人々が意識するために、様々な工夫や取り組みが行われているのです。

フードシェアリングもそのひとつです。

そんなことで何が改善されるの?世界中で飢えている人なんて救えない!とも思います。
確かに、こんなことで簡単に救うことはできません。

フードシェアリングは、まず少しでも国内の食品ロスを減らそうという考え方です。

フードシェアリングは合理的!お得に買っているけど社会貢献もしてる?!

食品ロス

フードシェアリングでは、小売店や飲食店が捨てると想定をしていた食品を販売して、利益を獲得し廃棄コストを削減します。
消費者は商品をお得に購入して食品ロスを削減するという、非常に合理的で双方にとって良い取り組みといえます。

日本の食品ロスに対する取り組みは、海外に比べて遅れていましたが、食品ロス削減推進法の成立や、大手チェーン店などの対応でようやく注目されました。

フードシェアリングは「資源の有効活用で持続可能な社会を目指す」という大義のものに成り立っています。

今まで捨てられ購入する選択肢もなかった食品が購入できるようになって、そうそう!これこれ!こういうこと!と思っていました。

フードバンクは飲食店や小売と非営利団体が、寄付を目的に行っている取り組みで、海外ではこのような取り組みをしている企業を選択する流れがあります。

日本であまり普及しないのも、社会全体の基礎にある価値観や体制が海外とは異なる点にあります。

フードシェアリングは、通常よりお得に購入できる場合も多いのですが、お得感だけではなく適切な量の購入や、企業の取り組みを見極めることも重要です。
世の中の循環や持続的な社会のあり方を見直すきっかけ、意識と対応力の高い企業の選択が社会貢献につながる、それが本来の目的といえます。

無料で始められるフードシェアリングのアプリと通販サイト

アプリ

フードシェアリングは無料で始められるアプリや通販サイトがあります。
それぞれ特長が異なるため状況にあわせて利用しましょう。

【アプリ】TABETE(タベテ)

TABETEは飲食店などで余ってしまいそうな料理や、売れ残りそうなパンなどをTakeoutの状態で渡してもらえます。(“レスキューする”が共通語!)

使い方はTABETEのアプリに氏名やメルアドレスなどを入力し登録します。

レスキューして欲しいお店が、食品と価格、出品した理由などを表示し、消費者は欲しいものがあれば予約と会計をして、引き取り時間内にお店に行きます。

通常より安く購入できますが、都道府県ごとにお店の数に差があることや、希望する場所のお店がレスキューしているとは限らないから、ちょっと残念なことも。
もっと普及すればムダを無くせる嬉しいサービスです。

【ネット通販】KURADASHI.jp(蔵出し.jp)

KURADASHI.jpは日本初の社会貢献型フードシェアリングプラットフォームです。

食品から日用品まで活動に賛同したメーカーが、様々な理由で安く販売している商品を購入できます。

KURADASHI基金は、地方創生やフードバンクの課題を解決しながら社会貢献活動を支援しています。
地方農家の収穫物はサイト内で販売され、地域経済の活性と食品ロスの削減を目指している企業です

メーカー協賛価格にはKURADASHI基金が含まれており、消費者は購入と同時に社会貢献ができるという仕組みです。

ネット通販を利用するには、一般会員登録は初期費用が不要ですが、通常送料550円(税込)が必要です。
プレミアム会員に登録(月額550円)すると送料はすべて無料になります。

フードシェアリングって何? まとめ

フードシェアリングについて解説してきましたが、もっと知りたくなりませんか?

始めは、お得に商品が購入できて社会貢献もできる、ちょっと良いことできるサービスという感覚でOKです。

これまで貧困や飢餓を救うなんて、簡単じゃないと気づかされることが多々ありました。
でも、できることはあるのですよ。

それは、とても小さなこと。でも、良いんです。
世界に届くには時間がかかりますからね。

まずは、フードシェアリングでできることを続けましょう
継続して、何かに気づくことも大切なことではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました