洗濯槽にカビが!?なかなか取れない洗濯槽のカビをとる秘策とは?

洗濯機掃除 お掃除

スポンサーリンク



水回りの中でも掃除が難しく、カビが発生しやすい、「洗濯槽」。

せっかく衣類を洗濯しても、洗濯槽が汚いままでは台無しです。

ここでは、取り組みづらい洗濯槽のカビ取りの方法をご紹介します。

スポンサーリンク



洗濯槽のカビをとる方法 基本は「重曹」

まずは、基本的なカビの取り方を見ていきましょう。
大抵の黒カビは重曹で落とすことができます。
また、衣類へのダメージも比較的少なくて済みますのでおススメです。

ただ、重曹が使用できない洗濯機もあるので、取扱説明書などで確認してから使用しましょう。

掃除頻度としては、月に1回程度は行いましょう。
1日に3回以上洗濯する場合は、半月に1回は掃除したいところです。

【用意するもの】
・重曹…1カップ(200ミリリットル)
・布…1枚
・ゴミ取りネット

【順序】
1. 洗濯機の最大水位まで、35度前後のぬるま湯を入れます。
2. 重曹を投入し、5分ほど洗いコースで回します。
3. 洗濯機を回した後、5時間~一晩ほど放置します。
4. 放置してから浮かんできたゴミや汚れを、ゴミ取りネットを用いてすくい取ります。
5. もう一度洗濯機を5分洗いコースで回し、ゴミを取り除きます。(この作業を2~3回繰り返す)
6. 水を入れた時に汚れが浮かばなければ、掃除完了です。
最後に脱水して蓋を半日ほど開け放し、乾燥させます。

まずはこの方法で大体のカビは落とすことができます!

重曹でお掃除

 

それでも落ちない洗濯槽のカビをとるオススメの方法

では上記の方法でも落としきれない、頑固なカビを落とすにはどうしたら良いのでしょう。

作業としては、上記の方法とあまり変わりありません。
重曹の代わりに使用する洗剤を以下のものに代えます。

1. 塩素系クリーナー

カビを分解して除去し、重曹よりも強力です。

塩素系の洗剤は、「カビの分解除去」には効果的です。見えないカビの菌も殺菌してくれます。オキシクリーンなどの酸素系クリーナーや重曹より効果は高いです。

ただ、多少色落ちといった、衣類へのダメージが起こる可能性が高いので、
使用後はよくすすぐ必要があります。

 

2. 市販の洗濯槽クリーナー

塩素系クリーナーでも落ちなかった場合は、
市販のメーカー純性の洗濯槽クリーナーが効果的です。

これまで、酸素系や塩素系の洗剤で取り切れなかった汚れも、
純正のクリーナーを使ったら、きれいになった、という声もあります。
2,000円台とお値段はしますが、市販のものより効果はありますよ。

どうしても洗濯槽のカビが落ちない場合は

酸素系・重曹・塩素系・メーカー純正の洗剤など、いろいろな洗剤や方法でも取れなかったカビは、思い切って「プロに頼む」ことを考えてみてはいかがでしょうか。素人では取り切れなかった汚れも、プロなら解決してくれるでしょう。

洗濯機クリーリングをプロの事業者に頼んだ場合
費用相場:13,000円~17,000円(一般的な価格・1台あたり)

メリット:
◆自分で頑張らなくてよい。短時間でできる。
◆プロならではの、洗浄剤や機械を使って掃除してくれる。
◆手が届かない「洗濯槽の裏側」や「パーツの細かい溝」など分解して洗浄してくれる。
 隅々までの徹底洗浄が期待できる。

費用はかかってしまいますが、短時間で徹底的に洗浄してもらえます。
年数が経って、落ちにくくなった洗濯槽にはおすすめです!

洗濯槽カビ掃除

カビの予防法は?8つの方法

洗濯槽のカビを定着させないためには、日ごろの予防が大切です。
カビを予防する8つの方法を紹介します。

ポイントは、「カビは湿度の高い所で繁殖する」です。
これを防ぐとカビの発生も防ぐことができます。

① 「洗濯機のフタはいつも開けておく」
洗濯機のフタを開けておくことで、洗濯機内の水気を外へ出します。

② 「洗濯槽の乾燥を週に1回程度行う」
洗濯機内の湿気を取り除くためにも、洗濯機の乾燥は有効です。

③ 「洗濯が終わった衣類は早く出す」
濡れた洗濯物を入れたままにしておくと、洗濯機内の湿度は高いままです。カビの繁殖に好条件となってしまいます。

④ 「汚れた服は洗濯カゴに入れる」
脱いだ服を洗濯機の中に入れると、洗濯槽に服の汚れがついてしまいます。カビの栄養源は汚れです。洗濯機の中に汚れがあると、カビが繁殖しやすい環境になってしまいます。

⑤ 「風呂の残り湯は使わない」
お風呂の残り湯には大量の皮脂汚れが含まれています。皮脂汚れは、カビの繁殖の原因となってしまいます。

⑥ 「洗剤は適量を使用」
使う洗剤の量が多すぎると、溶け残った洗剤が洗濯槽に付着してしまいます。溶け残った洗剤も、カビの繁殖の原因の一つです。

⑦ 「すすぎは2回」
すすぎが1回だと、洗剤がまだ溶け残っている場合があります。溶け残りの洗剤が洗濯槽に付着するのを防ぐためにも、すすぎは2回した方がいいでしょう。

⑧ 「洗濯機の周りのホコリを掃除する」
ホコリには大量のカビの胞子が含まれていると言われています。なんと、ホコリ1gあたり、カビの胞子は約1,000~1,000万個います。洗濯機周りのホコリを取り除くことで、カビの繁殖を防ぐことができます。

洗濯槽掃除のまとめ

以上、洗濯槽のカビをとる方法についてご紹介しました。
大事なことは、湿度を下げること。
つまり、カビが嫌う「乾燥」を保つことです。

少々手間のかかる洗濯槽の掃除ですが、お気に入りの衣類が台無しになってしまう前に、
出来れば月に1度は掃除に取り組みましょう。

また、一度しっかり掃除すれば、あとは日常的に気を付けることで、
カビの発生を防ぐことができます。

放置したままだと、せっかく洗濯したものが匂っていたり、
黒いゴミのようなものがついたりもして、衛生的にも良くありません。

ぜひ、お洗濯の一つとして取り入れてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました