治らない冷え…実は内臓が原因?!内臓型冷え症の私が試した対策法!

内臓の冷え お悩み

スポンサーリンク



冬は身体が冷えるから温かいところから離れられないし、動けない、というか動きたくないですよね~。

女性は特に冷え症の人が多いと思いますが、いろいろ試しても一向に治らない冷えは、身体の内側、内臓が冷えているのかも知れないって、ご存知でしょうか?

人と同じような対策をしても治らないし、私は年齢を重ねると“冷え性改善対策をしても温まらない”のだと思っていました。

夏場でもあまり暑く感じなくなってきたのも年齢のせいだと思っていました。

スポンサーリンク



実は内臓の冷えが原因だった!

でも、ある日、冬だけじゃなくて夏でもお腹や腰を触ると冷たいのに気づき、相談してみると内臓が冷えているといわれ、内臓冷え性だと気づきました。

体温が低いと抵抗力が低くなることも良く知られていますね。

内臓は冷えると元に戻すのに時間がかかりますが、何をしても温かくならないからといって、諦めて放置するなんてダメですよ!
不調は身体全体に発生しますのでしっかり対策しましょう!

今でも身体がず~っと温かいということはありません。
でも一番効果があった使い捨てカイロをはじめ、私が試した対策法のイロイロをご紹介します。

片っ端から試した冷え対策は撃沈?!中でも効果があったのはコレ!

冷え対策にはカイロ

冷え症対策の色んな方法を片っ端から試しましたが、中でも一番効果があったのは“使い捨てカイロ”です。すごくシンプルですが、行きついたのはこれです!
私にとってカイロは最強で、外出時はこれがないと温まった状態を維持できません。

他にも、首・手首・足首・身体全体をダウン素材やヒートテックをはじめ、あったか素材で温かい状態を維持します。

(※注意!)
私にはあっていますが、人それぞれです。
多用し過ぎると低温ヤケドや、自己治癒力を妨げる可能性があります!
適度に使いましょう!

カイロとあったか素材を基本軸に、次の①②③を継続し、新しい方法を発見したら随時取り入れます!

個人的には最強の冷え症解消のための3つのルーティン

冬の寒い時期だけではなく、常に意識してやっている事は今のところ3つです。
(さすがに夏の暑い時期にはあまり必要ありませんが)
冷えに悩んでいる人の参考に少しでも役立てばと思います!

1、朝一が意外と大事!体の内側を温める

朝は、温かい部屋で身体を温めつつ白湯を飲み、まずは体の内側から温めます。
その後から、指先マッサージやストレッチ、有酸素運動をします。

できるだけ冷たいものは口にしないようにしましょう。
生姜湯やハーブティーもおススメです。

2、夜は入浴してしっかりと体を温める

夜は入浴後、深くゆっくり腹式呼吸を行い、温かいところでストレッチなどの軽い運動をします。
入浴は半身浴ではなく、40~42度のお湯に肩までつかる全身浴で、5分程度しっかり温まります。

あくまでも個人的な感覚ですが、半身浴よりはしっかりと湯船につかるのが良いです。
シャワーで済ませる方もいるかもしれませんが、「冷え対策」としては入浴するのがおススメです。
最後にストレッチをするのも体を温めるには大切です。

3、体が冷える食べ物や飲み物はできるだけ避ける

食べ物や飲み物は身体を温めるものが基本です。

体が冷える食べ物や飲み物でも体を温める香辛料などを一緒に取るとある程度の効果はあるので、工夫すると良いでしょう。
例えば辛いものを食べたときは冷たい清涼飲料を飲むとか、サラダのようなものを食べるときには温かい香味野菜や香辛料を入れたスープを飲む。

こういったことで食事制限などは必要ないので、無理なく続けていくことができます!

冷え対策をしていてもなかなか改善しない…

平均体温を上げるために冷え症の改善対策をしても、うまくいかなくて撃沈することが多々あります。そんな時は諦めてしまいがちです。

でも一番重要なのは、温かいところで身体を温めつつ、血液の循環や冷えないことを意識して、楽しく食事し身体を動かして気長に変化を待つことです。

もちろん、ある程度の規則正しい生活習慣は必要ですよ!

一向に治らないのは内臓型冷え症?タイプを知って保温対策!

白湯で対策

 

いくら温めても一向に治らない、すぐに冷えてしまうのは私のように内蔵型冷え症かも知れません。

内臓冷え症は腹部や腰部、全身が冷えるため、重点的に手足を温めても一時的に温まりますが、すぐに冷えてしまいます。

内側・・私は胃のあたりですが、冷たいという感覚があります。
そして、ひどくなると手足、内臓全体が冷たいという状態になり、身体の機能が一旦停止すると、どうにもなりません。

こんな時の対策は、早急に内側と外側を温める!

温かいものを飲むor食べて腹部にカイロを貼りつけ、あったか素材をまとってコタツに潜ります!

内臓型冷え症は常に手足や内臓が冷たく感じ、入浴後もすぐに冷えてしまいます。

冷え症のタイプは、内臓が冷える以外に手足の末端、下半身の冷えなどがあり、どのタイプも共通しているのは血行が悪いということです。
ホルモンバランスや自律神経の不調、病気や鉄分の不足により体温調節や血管の働きが機能せず、冷えているということもあります。

手先や足先だけが冷える人は、手袋や靴下、足湯などその部分だけを温めると全身が温かくなります。

人によるかも知れませんが、内臓が冷えていると部分的に温めても全身が温かくなりません

強烈に寒いときは、モコモコ&グルグル巻き、カイロ貼りまくりで保温対策します!

外出時は高確率で犬に吠えられますが、寒さや冷えを我慢して冷えきってしまうより、温めて良い状態を保つ方が断然良いです!

放置したら恐ろしい内臓の冷え。しっかり対策したらコワくない!

冷え対策

長期化する内臓の冷えや体調不良を放置しても、根本的な問題解決にはなりません。
内臓型の冷え症の原因は生活習慣のほかに、病気が隠れている場合もあります。

体内、内臓が冷えているということは、循環器、消化器官、女性なら子宮や卵巣などの臓器が影響していることがあります。
女の子は身体を冷やしちゃいけませんよ、って言われたことがありませんか?

私の場合、はじめは冷えに気づかず、体調不良から病気治療をしているうちに冷え症を実感するようになりました。
現在は全快していますが、内蔵型冷え症は残っています。

いろんな方向から良いと言われる方法を片っ端から試して、温まる方法にたどり着きましたが、今もバージョンアップを試みています。

そのため、身体の冷えを温めても一向に治らないなら、原因を知ることも大切だと思っています。
しっかり対策したらコワくないし、きっと効率的に温まる良い方法がみつかります。

私の冷え性対策 まとめ

内臓の冷え

一向に治らない冷え、内臓型冷え症について私が試した、いろいろな対策法をご紹介しました。

冷え症の種類や原因は症状は人それぞれのように、対策方法もそれぞれです。

入浴時、肩まで5分間全身浸かると心臓に負担がかかって疲れることがあります。
だからといって、ぬるめのお湯に長い時間浸かることが負担になる場合もあるのです。

※入浴に関する記事はコチラに解説しています
>>>半身浴と全身浴比較!体に良いのはどっち?それぞれのメリットは?

情報を鵜呑みにして、初めから100%同じように毎日試す必要はありません。
同じように効果があるかどうか、わからないからです。

私自身“自分にはあわないかもしれない”という可能性を常に考えています
そして、少しずつ試して“なるほど~、いいかも~”と思うことだけ、増やしています。

あなたも、無理なく実践できる方法が見つかって、改善できると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました