桃の節句で厄払いと縁起担ぎ!ひな人形を早く片付けるホントの理由は?

ひな人形 季節イベント意味・由来

スポンサーリンク



3月3日の桃の節句は日本中が一気に春になり、柔らかで温かい空気に包まれますね。

女の子の健やかな成長を願う桃の節句は、厄払いや縁起担ぎの意味も込められています。

3月の行事が始まる前にひな人形を飾り、一年に一度そのお姿を見て色々なことを思い出す方も多いのではないでしょうか。

また、ひな人形といえばひし餅も忘れてはいけないアイテムですよね~。
ひし餅にも子孫繁栄の由来や縁起担ぎがあるので、やはり、子供を想う節句にはいろんな願いが込められていますね。

ひな人形は早く片付けないとお嫁にいけないよ!なんて聞きませんか?
えぇー!とか、ハイハイとか反応は様々だと思いますが、これにも大切なメッセージが隠されています。

もちろん、3月3日に頂くお料理にも意味があり、お祝い事に欠かせないものもあるのです。

桃の節句にまつわる言い伝えや縁起担ぎ、親の想いをご紹介しますね。

スポンサーリンク



桃の節句で厄払いと縁起担ぎ!その由来と歴史とは

桃の節句

桃の節句が厄払いや縁起担ぎといわれる由来は、古来中国の「上巳節」にあります。

元は厄払いの行事だった3月の節句は、「上巳の節句(じょうしのせっく)」が変化したものです。

上巳(じょうし・じょうみ)とは、3月の最初の「巳の日」という意味で、この日に川で身を清め不浄を祓った後に宴を催す習慣がありました。

旧暦3月、最初の巳の日は邪気に見舞われやすい忌日とされ、紙人形に災厄を身代わりに引き受けてもらい、川に流す流し雛が行われていました。

本来の上巳の節句は旧暦のため、現在も旧暦で流し雛を続けられている地域がありますね。

平安時代、日本に伝わったこの習慣は、宮中の人形遊び「ひいな遊び」そして「流し雛」へつながったといわれているのです。

平安貴族の子女のひいな遊び、桃の節句、流し雛は、女の子のお祝いという意味合いが次第に強くなり、貴族から武士、庶民に広まりました。

源氏物語にも登場する歴史ある風習が、現在も受け継がれているのです。

ひし餅の由来は子孫繁栄!そして縁起担ぎ!

ひしもちでゲン担ぎ

桃の節句で供えられるひし餅の由来は諸説ありますが、桃・白・緑が定番で、子孫繁栄や長寿など色に込められた縁起担ぎの意味があります。

繁殖力の高い菱にあやかり子孫繁栄を願ったという説や、菱の実を食べて長生きした仙人と同じように長寿を願った説があります。

菱型に切る意味にも諸説ありますが、菱の実のように尖った部分で邪気払いする意味合いがあると考えられています。
これは節分の時にヒイラギを使って行われる魔除けや厄払いと同じ意味合いがあります。

ひしもちの3色それぞれの意味

桃(赤)は、桃の花を表しており先祖を尊び、厄を祓い健康を祝います。
当初、ひし餅は2色でしたが明治以降、解毒作用があるクチナシの実を使い、赤味をつけて3色になりました。

白は残雪を模しており清浄を表しています。
かつては、血圧低下効果があるといわれる菱の実が使われており、菱の実は加熱すると栗のような味がしますが、お餅にするととても大変な作業です。

緑は春先に芽吹くヨモギの新芽が命の象徴を表しています。
母子草で作られていましたが、母と子を杵でつくのは縁起が悪いとされ、増血効果があるヨモギが使われるようになりました。

ひな人形を早く片付けるホントの理由は?

ひな人形

一年に一度、桃の節句にひな人形を飾りますが、早く片付けないと縁起が悪いといわれることもあります。

まぁ、大抵は早く片付けないとお嫁に行けなくなる!という類ですが、地域によっては旧暦に行うこともあるので実は全く根拠がない言い伝えです。

とはいえ・・・いつまでも飾っているのもだらしないので、きちんと片付けないといけませんよ!という教えなのではないでしょうか。

逆に飾るのは地域によって異なりますが、雨水の日に飾ると良縁に恵まれるといわれているので、都合が良いことは鵜呑みにしましょう。

他にも、ひな人形は「一人ひと飾り」といって姉妹で共有することや、親から受け継ぐのは良くないといわれています。
しかし、女の子が多いお子さんがいるご家庭に、それぞれのひな人形を用意して飾るのは難しいことですね。

現代は揃っていない人形やお飾りを増やしていくと良い、という説もあるので相談して決めるのが良いでしょう。

3月3日の桃の節句、ちらし寿司や蛤のお吸い物を用意するのは?

ちらし寿司に使う蓮根やエビは、縁起が良いものとしてよく知られており、お祝い事によく使われています。

お吸い物の蛤は美徳と貞節を意味しており、蛤の殻は内側に絵を描き貝合わせと呼ばれる遊びや、花嫁道具として用意されるようになりました。

ひな祭りを祝うのは、子供が素敵な縁で結ばれることを願う親心があります。
お寿司や蛤を頂くことも、農作業や漁が繁忙期に入る前に野山や海の自然で過ごし、蛤を採り神様に供え、神様の加護を願った名残ともいわれています。

桃の節句で厄払いと縁起担ぎ! まとめ

桃の節句は厄払いや縁起担ぎの意味があり、ひな人形にまつわるホントの理由をご紹介しましたが、言い伝えを守ることも気にしないのもあなた次第です。笑

ひな祭りを祝ってもらい、あっ!しっかりしなきゃ!とか、気をつけなきゃ!とか、気づくことが大切なのかもしれませんね。

物事が何でも簡単にできるようになった世の中では、ひな飾りやお料理をするのが面倒になることもありますね。

そんな時こそ、一から面倒になることを徹底的に楽しむのも良いですよ!
今年はぜひ、楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました