ディズニーランドの価格変動制ってどういうこと?この先のチケット価格は?

気になる情報

スポンサーリンク



2020年、新型コロナウイルスの蔓延により、多くの飲食店の営業が短縮・休業を余儀なくされました。

そしてそれは、東京ディズニーランド・シーも例外なく、2020年2月から6月までの間臨時休園となっていました。

7月1日、コロナ感染対策を徹底し、以前と全く同じようにとはいかないものの、営業を再開してからは、待ちわびたディズニーファンたちが殺到しました。

そんな中、2020年12月22日に発表されたのが入場パスポートの「価格変動制」の導入。

大まかにいえば、「曜日によって入場パスポートの料金が変わる制度」ですが、一体そのように変わるのでしょうか。

またそれによってチケットの取りやすさなどに影響はあるのでしょうか?

ここでは、そんな気になるディズニーランドの価格変動制について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク



平日と休日でチケット代が変わる!?価格変動制導入へ

現在ディズニーランド・シーでは、新型コロナウイルスの影響により、混雑による人の密集を避けるため、「午前9時」「午前10時30分」「正午12時」などと時間と価格に差を付けたチケットを新たに導入しています。(注!入園時間指定の取り扱いが無い時期もあるようです)

また、チケットの販売はオンラインのみで、窓口販売も当面行わない予定です。

つまり、ディズニーランド・シーの入園は完全予約制となっているのです。

そんな中で直面している問題が、休日に予約が殺到しているという現状。

そこで、混雑をさらに緩和するために今回の「価格変動制」が導入されることとなりました。

ディズニーの価格変動制のポイント

値上げ幅や期間は今後の状況次第で変わる可能性もありますが、現時点(2021.1月)での価格変動制のポイントは以下の通りです。

・2021年3月20日入園分からの導入。
・土日と祝日、春休み、大型連休の期間中、チケット料金を値上げする。
・「1デーパスポート」の価格は、18歳以上の大人が今の8200円から8700円に、中学生と高校生は6900円から7300円に、4歳から小学生の子どもは4900円から5200円へ変更。
・平日の料金は据え置き予定。

大人料金で最大500円の上乗せです。

⇩表にまとめるとこのようになります⇩

    価格変動制チケット    現行のチケット料金
  大人 中人   小人   大人   中人   小人
1デー パスポート 8200~8700円 6900~7300円 4900~5200円 8200円 6900円 4900円
入園時間指定10:30~ 7700~8200円 6500~6900円 4600~4900円 7700円 6500円 4600円
入園時間指定12:00~ 7300~7700円 6100~6500円 4300~4600円 7300円 6100円 4300円

混雑度合いによって幅を待たせるという事ですね。さらにチケット代が値上がりしてしまうのは手痛いですが、これにより混雑が少しでも緩和されるなら仕方ないのかもしれませんね。

ディズニーシーでは、ホテル宿泊者向けのアーリーエントリーチケットというのも用意されていて、
プラス3000円で朝8時から入園が!
イロイロと条件があるようなので、詳しくは公式ページをチェックしてみてください。

※ディズニーチケット購入公式HP
https://www.tokyodisneyresort.jp/ticket/index.html#ticket

 

コロナ禍のディズニーランドは混んでるの?空いてるの?混雑状況をチェック

ディズニー

完全予約制となり、入場規制がかかっているものの、やはり来場者は絶えないディズニーランド。

なるべくなら、混雑を避けて安全に楽しみたいですよね。

そこで最後に、実際今のディズニーランドはどれほど混雑しているのか、また入園で空いているタイミングはあるのかを見ていきましょう。

それでは、1DAYパスポートと時間帯別パスポートそれぞれを見ていきます。

1DAYパスポート

やはり時間帯別より、一番人気の高い1DAYパスポート。

そのため、エントランスはかなり混雑します。

入場時間は午前9時ですが、手荷物検査などは8時45分から始まるため、8時半前から並んでおくと比較的スムーズに入園できます。

入園時間指定パスポート:午前11時入園

平日と休日で差はありますが、11時入園組はさほど混雑しないようです。

10時半入園の場合、10時15分から手荷物検査や検温が始まるので、10時15分前にはエントランスに並ぶようにしましょう。

入園時間指定パスポート:正午12時入園

手荷物検査や検温は11時45分にスタートするので、11時半前に並びます。

エントランスはそこまで混みませんが、すでに1デーパスポートと10時半の時間指定パスポート保持者が入園しているため、パーク内は混雑しているので注意しましょう。

また、ランチタイムになりアトラクションやグリーティングが穴場となるので、ランチはあらかじめ済ませておくのをおすすめします。

以上を踏まえると、やはり入園時は長く楽しめる9時入場が一番混雑するようです。

またいずれも、ディズニーシーはリゾートラインでの移動時間も加わるので、余裕をもって予定を立てましょう。

ディズニーランドの価格変動制 まとめ

ランド

以上、ディズニーランドの価格変動制やコロナ禍での混雑についてご紹介しました。

年間パスポートも販売休止されてますし、2021年1月現在では入園時間指定パスも販売休止中です・・・。抽選入場もある事はありますが、人数制限があるので、余計には入場不可。

以前よりは比較的に混雑は緩和されているという事です。
同時に、チケットも若干取りにくくなっているようです。

コロナ禍により家にいる時間が増えたものの、ファンとしてはやはりディズニーランド・シーには定期的に行きたくなるのではないでしょうか?

緊急事態宣言が発令されたり、不要不急の外出をすることが難しい状況が続いてますが、もう少し落ち着いた時には思いっきり夢の国を楽しみたいですよね。

今回の価格変動制により若干値段は上がってしまう事もありますが、それにより安全性が高まるなら…
と考えれば、受け入れられるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました