引っ越しの挨拶!1人暮らしの男でもやっぱり必要?突然の訪問はNG?

引っ越しの挨拶 生活に役立つ知識

スポンサーリンク



引っ越しするけど、挨拶・・しなくて良いか!一人暮らしで男だし・・って思っていませんか?

確かに・・でも、突然、知らない男が“ピンポーン”って来たら・・
ダレ?何、何?えっと、、ダレ?えぇ~ナニーーー!って焦るでしょ!
それは、女性でも同じこと。

近隣にどんな人が住んでいるかを知る事って、意外と重要だと思いませんか?

スポンサーリンク



1人暮らしとはいえ、最初の挨拶は大事

でも、1人暮らしの男性なら、尚更、敢えて引っ越しの挨拶はしましょう。

挨拶は「よろしくお願いしまーす」と言うだけです。
初めは緊張するけど、サワヤカ~な挨拶や言葉遣いで、第一印象を良くしましょう!

そもそも、引っ越しの挨拶をする理由はたくさんあるのです。
挨拶をしておくことで、自分の人となりを伝えることができます。
そして、ご近所さんは、どのような方なのか、顔見知りになっておくと、何かと良いのです。

また、引っ越しの挨拶は、ある程度のマナーが必要です
伺う時期も時間も、早めが肝心!状況に応じて簡潔に済ませましょう!

ここでは、1人暮らしの男性が、引っ越しの際に戸惑わずに、挨拶ができる情報をご紹介します。

 

1人暮らしの男でも引っ越しの挨拶は大切!第一印象が肝心!

引っ越しの挨拶

1人暮らしの男性でも、後の生活を快適にするために、まずは引っ越しの挨拶が大切!
そして、挨拶は第一印象が肝心です!

身だしなみを整え、姿勢を正し明るく、ハッキリとした声で挨拶!
これだけで十分印象は良いハズ、精一杯、頑張った感はデル!

そもそも、引っ越しの挨拶は、自己紹介することと、お隣さんを知ることにあります。
単純に、お互いがどのような人なのか知るだけです。

分かり合って仲良くなり、信頼関係を築くのは後の話。
すべては、挨拶がなければ始まりません。

しかし、最近は引っ越しの挨拶は、必要がないと思う人もいます。
大学進学や、単身など長期間住むつもりがない場合は、特に必要はないと思う人が増えているのです。

お隣さんに挨拶することのメリット?!

とはいえ、引っ越しの挨拶をしていると、男の1人暮らしは、お隣さんに頼りやすいのです。

例えば、カギをドアに付けたまま出てしまった!建物内に入れない!
こんなしでかした時に、最悪の場合、お隣さんにSOSできます。
そして、ピンチを救ってくれることがあります。

また、挨拶なんかいらない!と思っていても、考え方が変わることがあります。
それは、後に引っ越して来た人が挨拶に来られたり、近隣住民にお世話になったりしたときです。

こんな時、やっぱり次は挨拶した方が良いな!と理解できるでしょう。

では、実際にはどうすれば良いのか・・。

男の1人暮らしなら引っ越しの挨拶は1週間以内が常識!?

引っ越し

引っ越しの挨拶をするなら、1週間以内に済ませるのがベストです。

なぜなら、引っ越し業者が荷物を運ぶ当日は、他の入居者に迷惑をかける場合があります。
そのため事前に、あるいは、当日か翌日遅くとも1週間以内に挨拶を済ませます。

挨拶を行うお宅は、戸建てなら向こう三軒両隣、マンションなら自宅を中心に十字ラインです。

挨拶は10時~17時の間で、食事中や忙しい時間帯、留守を避けて訪問します。

引っ越しの挨拶をする前に準備しておいた方が良い事

また、引っ越しをする前に、重要なことがあるのです。
引っ越す日程が決まったら、事前に、不動産屋さんや大家さん、管理人さんに挨拶をします。

そして、引っ越し先の近隣住民に、挨拶をしても大丈夫なのか、尋ねる方が良いでしょう。
なぜなら、引っ越しの挨拶は、引っ越し先の状況によって異なるからです。

例えば、セキュリティが高い建物は、プライバシーが守られる安心感が、入居につながります。
たとえ、入居者であっても知らない人のお宅へ、男が突然、訪問するのはマナー違反です。

そのため、一番状況を把握している、不動産屋さんや大家さんに確認しましょう。
やめておいた方が良いと言われたら従いましょう。

また、性別に関わらず1人暮らしのお宅へ、訪問するときは注意が必要です。
知らない男が玄関にいると、不安にさせてしまうので、手紙で知らせるなどの気遣いをしましょう。

実は、手紙は、自分の印象UPにつながることが多いんです。
この後詳しく解説します!

1人暮らしの男性が引っ越したとき、挨拶の仕方で印象UPするテク!

引っ越し先が不在の時の失礼のない挨拶の仕方

1人暮らしで引っ越しの挨拶をするとき、自分の印象をUPするテクがあります。

生活することに気遣いが必要な世の中では、入居者に手紙でお知らせする配慮は、不在が続くお隣さんにも使えます。
丁寧かつ簡潔に、さり気なくデキる感があったら最高ですが、まぁ、ここはサラッと。

そして、挨拶するときは、時間も大切ですが、気の利いた挨拶の品物を添えましょう。
品物は、相手が貰って困らない、お菓子や洗剤などの消耗品が選ばれています。

引っ越しの挨拶でやってはいけない事

また、挨拶に伺ったとき、絶対に、してはいけないことがあります。

ご不在中のお宅に、挨拶の品をドアノブにかけること、これ最悪!
この行為は、「今!この家は、留守でーーーす!」と言っているようなものです。
今のご時世、そんなことをされたら・・・。わかりますよね。

訪問するなら、相手の迷惑にならないように、細心の注意と気遣いが必要です。

できるだけさわやかに挨拶できると好感度アップ!

必要最低限のマナーを知っていたら、あとは挨拶をするだけです。
男の1人暮らしの引っ越しで、お隣さんと仲良くなりたいなら、やっぱり、挨拶から始めよう!

その際は、身だしなみ・姿勢・ハッキリとした声で挨拶して、印象UP!

ただ、日々暮らす場所で、常にこの状態でいるのは、正直疲れます。
適度に清潔に、年相応の挨拶と、少しの気遣いでOK!

引っ越しの挨拶!1人暮らしの男でもやっぱり必要か まとめ

引っ越し男性

1人暮らしの男性が、引っ越しで挨拶する必要性や、方法などをご紹介しました。

誰だって、初めて知らないお宅に訪問するときは、緊張しますが、お互い様です。

引っ越しの挨拶で重要なことの一つは、「失礼がないようにすること」です。
そしてもう一つは、「引っ越してきましたので、これから、よろしくお願いします」と思う気持ちです。

記事内でも書きましたが、挨拶先が女性の場合は突然訪問されるのを嫌がる事も十分考えられるので、大家さんや不動産屋さんに確認することは面倒がらずにやりましょう!

あいさつはコミュニケーションの第一歩。
特に仲良くすることはありませんが、お互いに全く分からないのも気持ち悪いものです。

まずは顔見せをすることで、余計なトラブルの回避や、円満なご近所付き合いにつながります。
最初が肝心ですよ!

タイトルとURLをコピーしました