年収400万で家は買える?最低限の生活シミュレーション!現実は?

家を購入 生活情報

スポンサーリンク



一度は夢見る「マイホーム」。

特に、結婚や出産など、人生の節目のタイミングで真剣に考え始める人は多いのではないでしょうか?

早めに家を買い、少しでも長く、家族とマイホームで過ごすのが理想ですよね。

・・・とはいえ、「住宅は人生で一番大きな買い物」と言われるように、そう簡単に割り切って買えるものではありません。

20~30代で住宅を買うとなると、収入もギリギリで、生活も成り立つか不安。

そこでここでは、20~30代の平均的な収入である年収400万円で家を購入した場合、またその生活シミュレーションをご紹介します。

今、自宅の購入で迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



年収400万の住宅ローンはいくらが妥当?

まず、年収400万で家を購入する場合の住宅ローンについて見ていきましょう。

住宅ローンを計算する上での全体は以下の通り。
① 理想の返済負担率は収入の20~25%
② 現在の年齢から返済可能な年数を計算する

① から年収400万で妥当な返済負担額は、「400万×0.25÷12(カ月)=約8.3万(円)」となります。

また、現在の年齢を30歳として、65歳で完済する場合として考えてみます。これを踏まえて、早速計算してみましょう。

金融機関での借入可能額は、返済期間によって変わってきます。下記のような条件であれば、毎月約8万円での返済が可能ということが分かりますね。

最低限の条件での収支シュミレーション

<借入条件>
借入:3000万円
年収:400万円
期間:35年
金利:2%
元利均等返済、ボーナス返済なし、他の借入れなし

毎月返済額:82,825円
年間返済額:993,900円
返済負担率:24%

ただし、子供がいる家庭では上記通りだと厳しい可能性もあります。

他にも家を購入するとかかる費用が?!

また、住宅を購入すると、もちろん購入料金以外にも以下のようなお金が必要となります。
・土地代
・登録免許税、不動産税
・火災保険料、地震保険料
・住宅ローンに伴う手数料

こうした「諸費用」は、新築住宅を購入する場合には住宅価格の3~5%、中古住宅では5~10%程度と言われています。

よって、もし3000万の新築住宅を購入した場合90~150万の諸費用がかかることになります。

以上を踏まえて、無理のない見積もりをしてみてくださいね。

家は欲しいけど生活が不安・・・理想の収支は

年収400万で家を買う

年収400万円の手取り年収は、月収約26万程度。

額面だけで考えれば、住宅の購入自体は可能であることが分かりました。しかし、日々生活する上での出費はもちろん家賃だけではありません。

次に気がかりなのは、返済をしつつ生活を送るにはどれぐらいの支出に抑えればいいのかということ。

ここでは、「妻帯×子供なし」と「妻帯×子供あり」のパターンで実際の収支をシミュレーションします。

<生活費の収支 妻帯×子供なしの場合> (手取り:26.5万円)

・家賃:7万円
・食費:4.5万円
・光熱費:1.5万円
・通信費:1.5万円
・交際費:2万円
・保険・医療:1万円
・衣服・理美容費:1万円
・娯楽費:1万円
・交通費:5千円
・雑費:1万円
・貯金:5.5万円

<生活費の収支 妻帯×子供ありの場合> (手取り:26.5万円)

・家賃:8万円
・食費:5.5万円
・光熱費:1.5万円
・通信費:1万円
・交際費:2万円
・保険・医療:1.5万円
・養育費:5千円
・衣服・理美容費:1万円
・娯楽費:1万円
・交通費:5千円
・雑費:1万円
・貯金:3万円

家賃を8万円として生活費を組むと、以上のようになります。かなり節約を意識し、切り詰めた生活を送らなければいけないことがわかります。
例えば通信費は1万円程度とみてますが、キャリアではなく格安SIMなどへのプラン変更が必要かもしれません。衣服・理美容費も職業によってはもっとかかってくるでしょう。

さらに食費を考えると、自炊を中心にし、外食は控える必要があります。
さらに子供がいる場合では、家族旅行などの大きな出費の伴うイベントは難しそうです。

これに加えて将来的に子供が増える予定があるなら、さらに生活が逼迫されるので、共働きやより家賃の低い家を選ぶなどの必要があるでしょう。

家を買う場合にまずどこの相談していいのかわからない・・・
そんな方にはまとめて比較できるまとめサイトが便利です。
一度の入力で全国100社以上の住宅メーカーから、条件や希望に合った企業を選ぶことができるので、比較検討にはかなり使えます。
まずは比較してみましょう。>>>持ち家計画

 

年収400万で家は買える? まとめ

マイホーム

以上、年収400万での住宅ローンや生活費についてご紹介しました。
結論を言うと「頑張れば買う事はできる」です。

おそらく誰しも一度は考える、マイホームの購入。

もちろん決して安い買い物ではないですが、若いうちから長期的に返済すれば購入できることがわかりました。

しかし、一番の優先はやはり生活。

無理をして住宅ローンを組み、生活が苦しくなってしまった・・・というケースも少なくありません。まずは将来設計を組み立てて、無理なく返済できそうかどうかを考えることが大事です。

もし自力で答えを出すのが難しければ、住宅ローンアドバイザーなどのプロに相談するのもおすすめ。

マイホームは、人生で一度きりの買い物だからこそ、後悔のないようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました