一人暮らしで部屋が汚い方必見!すぐできる掃除と片付けのコツ

お掃除

スポンサーリンク



ついに、念願の一人暮らしデビュー。

最初は清潔な部屋にお洒落なインテリア…と夢をふくらませていたのに、気づいたら散らかり放題の狭い「汚部屋」になっていた、という女性・・・。

掃除、片付けが苦手でとにかく散らかし放題の男性・・・。

その原因は、実は日々の習慣にあるかもしれません。

ここでは、きれいな部屋を保つための方法と、簡単にできる掃除方法をお伝えします

スポンサーリンク



一人暮らしで掃除と片付けのやり方がよくわからない時の3つのステップは?

片付け苦手

 

まずは、基本的な掃除道具を揃えましょう。

・掃除機:ハンディタイプで手ごろなものが一人暮らしにおすすめです。
・紙モップ:気になった時にすぐ使え、とても重宝します。
・ウェットシート:床のしつこい汚れに効果的です。

では掃除を始めるとき、何から手を付ければいいでしょうか。

効率的な掃除の順序を見ていきましょう。

ステップ1.片付け

まずは、散らかっているものを片づけます
脱いだままの衣服や読みかけの本などをあるべき場所へしまいましょう。
特に1人暮らしの場合、意外とこれができていない事が多いです。
 
床に家具以外のものがない状態がベストです。

ステップ2.ホコリをとり除く

窓を全開にして換気をしつつ、モップなどで部屋全体のホコリを払い取りましょう。
一人暮らし用の部屋の広さであれば、ホコリの舞わない市販の紙モップがおすすめです。

棚やテレビ周りや角など、ホコリのたまりやすい箇所は雑巾を用いて入念に拭きます。

ステップ3.掃除機をかけて拭き掃除

最後に大きな面積の部分を掃除機で全体的に表面的な汚れを除いたら、雑巾やウェットシートを用いて皮脂や食べこぼしなどの床に付着した汚れを掃除します。

まずは散らかっているものを片付ける事が第一です。そのためにはいらないものを捨てるという事も必要になってきます。「片付かない」と考える前に、使うものと使わないものに分ける作業をした方が効率が上がるでしょう。

掃除の方法と部屋の片づけのコツ

掃除

 

リビングは頻繁に掃除するけれど、水回りなど掃除の難しい場所はつい後回しにしがち、
という方は多いのではないでしょうか。

そういった場所こそ、定期的に掃除しなければ汚れが蓄積されてしまいます。

では、場所ごとの掃除の方法を見ていきましょう。

トイレ

毎日使うトイレは、週に一度は掃除しましょう。まずは、日常的に手軽に使える掃除道具を揃えましょう。
・トイレブラシ:細かいところにも届く、特殊形状のものがあればとても便利です。
・トイレ用掃除シート:衛生的な流せるタイプがおすすめです。

1. 床や壁を拭く
ほうきで掃いた後、ウェットシートで拭きます。汚れが目立つ箇所には、アルカリ性や酸性の洗剤を使います。
2. 便器
トイレ専用洗剤を用いて、フチの裏側を念入りにブラシで洗います。便器の外側は、掃除シートで拭きます。

シンク

こちらも毎日使ううえ、食べ物を扱うので衛生的にもしっかり掃除したいところですよね。
シンクは、台所用洗剤をつけたスポンジでこすり、よく洗い流します。
ぬめりのあるところには、不要な歯ブラシなどを使って汚れを落としましょう。水垢も、洗剤をつけた歯ブラシで落とすことができます。

・排水口
放置すると、悪臭やつまりの元になってしまいます。月に一回は、排水パイプ用洗浄剤を用いて掃除しましょう。洗剤を排水口に約30分入れて放置するだけです。

お風呂場

お風呂場は、毎日お風呂に入るついでに掃除する習慣をつければ、簡単に清潔を保てます。

1. 浴槽
使用後に水を抜いた後、洗剤をふきかけてこすり洗いします。
ユニットバスであれば、約40℃のお湯をかけてから冷水で冷やすことで、滅菌効果が期待できます。

2. 排水溝
菌が繁殖しやすいので、週2回ほどは汚れを取り除きましょう。

最後に、湿気がこもらないように扉を開けておきます。

片づけのコツ

片づけをする時のコツは、日常的に「ものをもとに合った場所に戻す」ことが大事です。

簡単なことに聞こえますが、これを習慣づけるには、
あえて意識して生活しなければいけません。

きれいにする習慣を守れるように、ものをしまいやすい収納にするなどの工夫をすることが効果的です。

1人暮らしで部屋が汚い!かたづけのコツ まとめ

1人暮らし片付けられない


多くの部屋を掃除する方法をご紹介しましたが、やはり忙しくてそこまで手が回らない…という人も多いと思います。

そういった人は、まず「ものを片づける習慣をつける」ことから始めてみましょう。
そして、使っていないものは「もったいない」「いつか使うかも」と思わずに思い切って捨ててしまうという事も大事です。いわゆる断捨離というやつですね。

汚くなるのを放置していても、いつまでたってもきれいにはなりません。
めんどくさくなる前に、「動く」ことができるようになれば、自然と部屋は片付いていくようになります。

すると、徐々にきれいな部屋で過ごす気持ちよさに気づき、掃除をすることに苦痛を感じなくなっていきます。掃除・片付けの幅が広がっていくはずです。

まずは、「意識」をして、「習慣」にすることが大事ですね!

タイトルとURLをコピーしました