3歳児の特徴とわがまま期の攻略法!現役幼稚園教諭が解説!

3歳児のわがまま期の特徴と解決法 子育て

スポンサーリンク



みんなが通る道でもある「わがまま期」
お母さんが頭を抱える問題の一つでもあります。

そんなわがまま期をどうしたらいいのか、わからない!
という方に現役幼稚園教諭の私が、3歳児の特徴とわがまま期について、
効果的な考え方と解決方法をお伝えします!!

3歳わがまま悩む

スポンサーリンク



わがままは3歳あたりの成長のあかし?

2歳には「イヤイヤ期」があり、落ち着いたかと思ったら今度は「わがまま期
とお母さんの悩みの種はなかなか減りませんよね…

子どもはわがままだからね…と簡単にまとめてしまうのはちょっと違います。

わがままが言えるということは成長した証でもあるんです。

思い出してみてください。

小さい頃はしゃべることもできない、お母さんが買った服を着せても嫌がらない、
おもちゃも喜んでくれることが多かったですよね。

3歳になると自分がこうしたい!でもうまくできないんだぁ…言えないんだなぁ…
という気持ちが芽生えてきます。

それが一般的にはわがままと言われてしまうのです。

うちの子はわがままだから…と言ってしまうこともあると思います。
うちの子だけわがままなのはなんでなの?
と心配になったり不安になったりするときもありますよね。

その心配は無用です!
成長していて、必ず誰しも通る道ですので安心してください。

3歳の発達段階 わがまま期の特徴とは

3歳は簡単な会話もできるようになり、コミュニケーションが取れるようになってくる時です。
また自分だけではなく友だちや大人の人、親など他人がいることに気付けるようになる時でもあります。

なぜわがままを言うのか

お母さんはいろいろ考えますよね。
自分の子どもに対する接し方や愛情が少なかったのではないか?
自分の育て方が悪かったのではないか?

なんでうちの子だけ…
と考えるとどんどん育児が嫌になってきますが、
そんな悩みはここに置いていきましょう。

3歳のわがまま期

3歳のわがままの意図は?

わがままにもいろいろな意味や意図がありますが、
3歳のわがままは「自分を受け入れてほしい」「気付いてほしい
がためにわがままを言っています。これが大きな特徴です。

お母さんを困らせたいから言ってるのではなく、
反対にお母さんが大好きだからこそ独り占めしたい、そのためには振り向いてほしい!
という気持ちが子どもなりにあるのです。

こどもがわがままをいうと
「なんでママのいうこと聞けないの!」
「○○はほんと悪い子だね」
というように叱りたくなってしまいます。

その気持ちもとてもよくわかります。

ですがそれは逆効果です。

気付いてほしいだけなのに怒られたらまた離れていってしまうお母さんを引き留めるために、
さらにわがままがエスカレートしてしまうのです。

怒りたい気持ちを抑えるためには、まず大きく深呼吸をしましょう。
少し気持ちが軽くなりますよ。

わがまま期の3歳の特徴

子どもの気持ちを「共感」することが一番の解決方法

「このおもちゃじゃないと嫌!」「保育園行きたくない!」
というわがままは常日頃ありますよね。

お母さんはまず
「そうだよね、このおもちゃ大好きだもんね」
「そうだよね、保育園いつも頑張ってるもんね」

というように最初に「そうだよね」の一言を言うか言わないかで変わってきます。
「そうだよね」が共感していることになります。

そしてさらにやってはいけないのは「物でつる」ことです。

どうしてもその場しのぎで「じゃあ新しいおもちゃ買ってあげるからわがまま言わないの」
とお母さんの中では解決していますが、子どもの中では腑に落ちていないことが多いです。

ゆっくりじっくり話を聞く時間はないと思いますが、聞いてあげよう、
耳を傾けてあげようとする姿勢が大切です。

その姿勢は子どもにも十分伝わります。

聞いてくれたことでお母さんは自分の味方なんだ、思ってくれているんだ、
やっぱり大好き!となるんです。

毎日毎日向き合いなさいとは言いません。
お母さんの日頃の苦労は計り知れないほどだと思いますので、
時間があるときにはしっかりと向き合ってあげてください。

そういったことを積み重ねていくにつれ、わがままも減ってきます。
わがままを言わなくなってきたとたん、
ふと、さみしくなったりしちゃうかもしれませんね…笑

まとめとして…

3歳のわがまま期は、誰もが経験すること。大切な成長の過程です。
子どもの成長の証でもあり、子どもの心の声でもあります。
決してお母さんを困らせようと言っているのではないことを心にとめておいてください。

子どもの思いに「共感」すること、話を聞いてあげることが解決への近道です。

タイトルとURLをコピーしました