風呂の掃除と水垢落としは別物?なかなか落ちない水垢の対処法は?

風呂の水垢落としの方法 お掃除

スポンサーリンク



毎日風呂掃除をしていても、取れない「水垢汚れ」。

この「水垢汚れ」は大きく分けて2種類。
水道水が原因であるアルカリ性の「石鹸カス」と、
皮脂汚れが原因の酸性の「湯垢汚れ」があります

日頃のお風呂掃除で使う洗剤は、「中性」のものです。
こびりついてしまってしまった汚れには、中性洗剤では落ちないこともあります。
なかなか落ちない水垢は、汚れの性質に合わせて「酸性の洗剤」と「アルカリ性の洗剤」を
効果的に使い分けて水垢を落とすのがおススメです!

頑固なお風呂の水垢落としの対処法

スポンサーリンク



お風呂掃除をしても水垢として落ちないのは「石鹸カス」

毎日、風呂の掃除をしても落ちない白い汚れは「石鹸カス」です。
アルカリ性の性質を持っていて、「金属石鹸」とも言われています。

「金属石鹸」は、水道水の中の金属成分(カルシウムやマグネシウムなど)と、
石鹸が結合して出来た石鹸カスの事です。

実際によく見てみると風呂場の床やガラスなどにできている、
「白くて硬いもの」があると思います。これが、「金属石鹸」です。
金属石鹸は水には溶けず、しっかりとこびりついています。

金属石鹸による水垢の落とし方のポイント

1・酸性の洗剤を使う
2・時間をおいて、汚れをふやかす

この2点の方法が効果的です。

カラン、プラスチックのもの(パネルやシャンプーボトル)には、
酸性の洗剤とキッチンペーパーを使った方法がおすすめです。
名付けて「キッチンペーパーパック」です!

①水に浸したキッチンペーパーを汚れの場所(カランやガラスなど)に貼り付ける。
②上から酸性の洗剤を吹き付ける
③30分ほどおく
④スポンジで軽くこする

この方法だと、力を加えずに簡単に汚れを落とすことができます。
強くこするとキズになってしまい、汚れが付きやすくなるので注意が必要です。

「風呂場の椅子」や「床」が茶色くこびりついているものも、「石鹸カス」です。
これらも、酸性の洗剤+キッチンペーパーパックで、汚れを落とすことができますよ。

「ガラスのうろこ」は、しっかりこびりついているので、
この酸性の洗剤+キッチンペーパーパックに加えて、
ウロコ取りスポンジ(研磨作用があるスポンジ)も一緒に使うと効果的でした。

試してみる価値は「大」です!

酸性の水垢に最適なのは「アルカリ性」

風呂場の汚れには、もう一つ、酸性の性質をもった汚れがありあます。

皮脂汚れが原因の水垢です。「湯垢汚れ」とも言われています。
この、酸性の汚れには「アルカリ性」の洗剤を使いましょう。

ただし、酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤を同時に使うことは大変危険です。
混ざり合うと有毒なガスが発生してしまう事もあります。
必ず、洗剤は一つずつ使いましょう。

別の洗剤を使うときは、しっかりと流してから使用してください。

お風呂掃除の水垢落とし まとめ

風呂場の汚れには、酸性のものもありますし、アルカリ性のものもあります。

日ごろの風呂掃除はどんな場所でも使えて、素材や手肌を傷つけにくい
「中性の洗剤」を使っていれば問題ありません。

特に気になるこびりついた汚れには、「酸性の洗剤」と「アルカリ性の洗剤」
を汚れに合わせて使い分けることがお勧めです。

注意点としては、違うタイプの洗剤を同時に使わない事です!

「酸性の洗剤」と「アルカリ性の洗剤」を同時に使用することは大変危険です。
洗剤はひとつずつ使うことが大事です。

汚れは放置すると、こびりついてしまって自分で落とすことが難しくなるので、
定期的に掃除をすることをおすすめします。

いつもの風呂掃除に、週に1回、「アルカリ性」か「酸性」の洗剤を使い分けた掃除を取り入れてみてはいかがでしょうか?ピカピカのお風呂場で、気持ちよく過ごしましょう!

タイトルとURLをコピーしました