一緒に洗濯はダメ!?失敗なく新生児の服を洗濯する方法と洗剤選び

新生児の服を洗濯する方法と洗剤選び 子育て

スポンサーリンク



新生児の赤ちゃんを持つお母さんにとっては最初に悩むことのひとつだと思います。

赤ちゃんは特に肌がデリケートなので大人とおなじ洗剤を使っていいのかな?
肌に悪かったりしないかな?など考えたことあるのではないでしょうか。

結論からいうと新生児のうちはとくに大人と分けて洗濯することをオススメします!!

洗剤メーカーは事前にアレルギー検査をしているようですが、
結果がすべての赤ちゃんに当てはまるわけではありません。

新生児は肌が弱く刺激などを感じやすいので、大人のものと一緒に洗ってしまうと
柔軟剤や洗剤の匂いがきつすぎて体調をくずしてしまったり、
また、成分に含まれている化学物質の刺激が強すぎて過敏症やアレルギー反応を起こし、
肌が荒れてしまうことがあるようです。

もし、大人のものと一緒に洗濯するときは洗剤の規定量をしっかり守り
柔軟剤の量を少なくする、すすぎを2回する、乾燥を念入りにする。
などの対策をしたほうが良いでしょう!

スポンサーリンク



新生児の服の洗濯の方法は

新生児の服を洗濯するときは、分けるだけではなく専用の洗濯洗剤を
使ったほうがより一層赤ちゃんの肌を守ることができます。
いまはたくさん種類がありますから迷っちゃいそうですが、それほどの違いはありません。

基本的には洗濯ネットに赤ちゃんの服を入れて専用の洗濯洗剤をいれて
洗濯機におまかせします。

すすぎは2回以上することがオススメです。

干すときもなるべくは外に干してしっかりと乾燥させ、
太陽の光にあてると雑菌などをやっつけることができます。

しかし、日中に洗濯ができない場合や雨、冬の時期などは外に干すことが
できませんよね。そんな時は室内の風通しの良いところに干すだけでも十分です。

汚れ方によって洗濯方法は変わる

うんちがついてしまったとき、ミルクや母乳で汚れてしまったとき。
ジュースやお茶をこぼしてしまったときなどで使う洗剤が違ってきたりします。

別々に洗うことで時間や手間も、はたまた水道料金や電気料金といった水道光熱費が
かかりますが紹介した方法で洗濯をすると、柔軟剤がなくてもふわふわな仕上がりになります。

赤ちゃんの肌を守ることにもつながるのでオススメです。
育児中のお母さんは大変でしょうが試してみてはいかがでしょうか?

新生児の服は大人と一緒に選択しない方がいい

新生児の服に使ってはいけない洗剤は?

絶対にダメです!危険です!!というのはありませんが、
特に大人のものと一緒に洗う場合は注意が必要になります。

みなさんが使っている洗剤には衣類の洗濯仕上がりを白くするために
蛍光増白剤」という化学物質が含まれています。

刺激に弱い肌を持ち、衣類を舐めてしまうような新生児の赤ちゃんのうちは避けたほうが良いかもしれません。

もし大人のものと一緒に洗うのであれば、洗剤は「蛍光増白剤」という化学物質が入っていないもので、「着色料」「香料」といった刺激物質になり得るものが入っていない洗剤を選んだほうが、より安心して洗濯できます!
石鹸ベースのものや無添加のものが良いですよ(^-^)

新生児の服を洗濯する方法 まとめ

新生児のための洗濯方法と、洗剤について説明してきましたが、
洗剤以上に、洗い方にこだわってほしいと思います。

メリットとデメリットを整理しておくと
□メリット
・赤ちゃんの肌に刺激のある物質を避けることができる。
・赤ちゃんの体調に支障がでる柔軟剤の匂いを避けることができる。
・大人の服の余計な汚れが付くことを防げる。

□デメリット
・別々に洗う手間や時間がかかる。
・水道光熱費がかさむ。

上記にあげた2つのデメリットもありますが、メリットはたくさんあります!
育児中のお母さんはなにかと忙しいですが新生児の赤ちゃんの健康を考えると、
安全への配慮はできる範囲でしてあげたいですね!!

タイトルとURLをコピーしました