一人暮らしにかかる生活費の平均値は?新生活にかかる費用の相場

1人暮らしの生活費の平均と節約の方法 生活情報

スポンサーリンク



春といえば、進学や就職といった人生の節目の季節。
そして同時に一人暮らしを始める人も多いでしょう。

1人暮らし。楽しみな反面、不安も多いのではないでしょうか。
そして中でも最も気になることは、1人暮らしにかかる費用ですよね!

特に、初めて一人暮らしをする人にとっては、それまで全く心配することのなかった生活費について考えなければいけません。環境が変わることで、ただでさえストレスや不安の多い時期。少しでも不安なく新生活のスタートを切りたいですよね。

ここでは、社会人と学生それぞれの一人暮らしにかかる生活費の平均についてご紹介します。

スポンサーリンク



一人暮らしにかかる生活費の平均 社会人編

まず、社会人の毎月の家賃と生活費の平均から見ていきます。

家賃:70,000円
食費:30,000円
光熱費(水道、電気、ガス代):10,000円
通信費:11,000円
交際費:10,000円
雑費(衣類、化粧品等):20,000円
医療費、日用雑貨:3,000円

合計:155,000円

家賃は、場所にも左右されますが、東京都の平均は7万円ほど。
一般的に家賃は、収入の三分の一に収めると良いと言われています。

そして最初は、家賃に加えて、敷金、礼金、引っ越し費用がかかります。大体、敷金は家賃1~2か月分、礼金は家賃1か月分、そして初期費用として6か月分の家賃を用意する必要があります。引っ越し費用も含めると、70万円近くかかる計算となります。

食費や交際費は、自炊に慣れていないとかさみがちです。
また社会人は仕事で忙しくなるため、強く意識しなければなかなか節約できません。

通信費は、スマホやパソコンにかかる費用のことです。こちらも生活に不可欠な費用です。

そして意外とかかってしまうのが、衣類や化粧品などの雑費です。
特にショッピングが趣味という女性は、要注意です。

一人暮らしの生活費。お金がかかる

一人暮らしにかかる生活費の平均 学生編

次に、学生の一人暮らしにかかる生活費の平均を見ていきます。ここでは、大学生を前提とします。

家賃:40,000円
食費:25,000円
光熱費(水道、電気、ガス代):5,000円
通信費:10,000円
交際費:10,000円
雑費(衣類、化粧品等):15,000円

合計:105,000円

学生は、社会人に比べて生活のレベルに差があり、一概に平均を出すのは難しいです。
例えば、毎日入浴せずシャワーで済ましていれば光熱費は少なくなります。
また、積極的に大学の食堂を利用する学生と飲み会ばかりの生活を送る学生とでは、
食費にも開きが表れます。

社会人と圧倒的に違うことは、収入です。
毎月安定した収入がある社会人に比べ、
学生はせいぜい、授業の合間を縫ってアルバイトで稼ぐしかありません。

そう考えると、上記のような生活は、実家の仕送りなどがなければかなり厳しいでしょう。

積極的に自炊をしたり、少ない衣服を着まわしたりして、
食費や交際費、雑費を節約する工夫をしましょう。

1人暮らしの生活費 まとめ

以上、一人暮らしにかかる生活費の平均についてご紹介しました。

社会人も学生も、食費が最もかかることがわかります。
いざ一人暮らしを始めて、毎月いつの間にかお金がなくなっている…という人は、
食費から見直すと良いでしょう。

とはいえ、学校でも会社でも付き合いが多い月があったり、贅沢をしたいときがあったりするもの。

そうした時は、我慢や無理をしすぎず、他の月で外食を控えるなどして、
バランスをとるようにすれば問題ありません。
そのためにも、家計簿をつけ、生活費をしっかり管理する習慣をつけましょう。

こまめに見直すことで、使い過ぎを防ぐことができます。

これから一人暮らしを始める人は、緊張と期待でいっぱいなのではないでしょうか?

もちろん時には寂しいと感じるかもしれませんが、友人を家に招いてホームパーティーができたり、インテリアにこだわったりと、一人暮らしならではの楽しいことを見つけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました