気が付くとそこにある「ほこり」簡単にできる掃除の仕方と予防法

ほこりを掃除する簡単な方法 お掃除

スポンサーリンク



毎日掃除機をかけても、また次の日にはやってくるほこり。
いったいどこからやってくるんだろう?

掃除をしてもすぐに溜まってしまうから・・・。
とそのままにしておくと、喘息やアレルギー性鼻炎など健康を害してしまう可能性も!
そうなっては大変。

この記事では、ほこりを簡単に取り除く掃除方法と溜めないコツをご紹介します。

スポンサーリンク



隙間のほこりの掃除は簡単にすませてしまいましょう!

隙間のほこりは、掃除をするのが面倒ですよね。
冷蔵庫の下とか、ベッドと壁の隙間とか。洗濯機の下なんていったらとっても嫌ですよね。
濡れていて手は届かないしで・・・。

このように、大きい電化製品の下や家具と壁の隙間もあれば、
パソコンのキーボードの隙間やブラインドの隙間など、なかなか幅広くある隙間。

そして、この隙間のほこりは普段の掃除ではなかなか手が行き届かないとう、
なんとも困った汚れなんですよね。

隙間ってふだん目にする場所ではないし、家具を動かしたりするのはどうしても面倒だから、
「後にしちゃおう」って、ついついみて見ぬふりをしちゃうんです。
だけど、後から掃除をするのでは、余計に大変になってしまうので、
本当ならこまめに掃除しておきたい部分なのです。

そうはいっても、掃除機や雑巾が入り込めないのが隙間。
そんな困った場所をさっと掃除できる便利グッズが沢山発売されているので、
それらを使って掃除をするのもよし!

針金のハンガーの形を変えたり、長い棒に布を巻いてお手製掃除道具を作って掃除をするのもよし!
自分のお気に入りの掃除道具で、ちゃちゃっと隙間のほこりのお掃除をするのが断然オススメです。

ほこりを溜めないためには、こまめな掃除がベストなので、気づいたときにすぐに使えるように、
掃除用具は手に取りやすい場所に置きたいですね。
しまい込まずに部屋に置くのが簡単ほこり掃除のポイントです。

インテリアに合うアイテムを選んだり、
かごを使った出し入れしやすい収納などを工夫するといいですね。

ほこりを簡単に掃除する

ホコリをためない工夫を

わたしたちは日常生活をしている以上、ゴミを捨ててもまた次の日もゴミがでる。
部屋を散らかしてはまた片付ける。
このように、散らかしては片付け、また散らかすと、ホコリを掃除してもまたホコリが出る。
このように同じことを繰り返しているのですから、日々動いている私たちからもホコリは沢山出ているのです。
髪の毛や服の繊維、ペットがいればペットの抜け毛もありますよね。
細かく言ったらキリがありませんが、それらが集まってホコリとなります。

布団や服を叩けばホコリが出るように、身近であたり前の存在なのです。
布団も服も素材によってはホコリが出にくいものも出回っていますが、
結局布団も服も使わない生活は考えられません。

ですから、布団掃除機を使ったり、身近な所でコロコロを使ったりして、
普段からキレイにすることを心掛けるといいでしょう。

また、ホコリは静電気に集まってくるので、雑巾に静電気防止剤をかけてから、
から拭きするなど静電気を予防する工夫をするとよいでしょう。

ここぞという時は大掃除をするようにすればいいのだから、
あまり神経質にならずに、面倒なら目についたところだけを拭いたり、
ホコリをつまんで取ったりすれば、普段の掃除がグンと楽になっていきますよ!

ほこりを簡単にする方法 まとめ

掃除イコール掃除機などの掃除道具を使うイメージを持ってしまいがちですが、
日常の些細な掃除には大げさな道具はいらないのです。

見つけたときにホコリをつまんで捨てればいいのですから。

食べ物をこぼしたときのように、本棚のホコリに気がついたら、さっと拭いてしまいましょう。
まずはこうして掃除のハードルを下げて、ほこりをためない工夫をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました