結婚のご祝儀はどこまで必要!?会社?親族?キリのないお祝い地獄?

結婚式のお祝いはどこまで渡す? 生活情報

スポンサーリンク



身近な人の結婚はとても嬉しく、おめでたいもの。

…ですが、あまりにも同時期に重なりすぎると辛いのが、「ご祝儀」ですよね。

ご祝儀は、一般的に3万円と言われています。
いくら社会人であっても、かなりお財布にダメージを与えるのではないでしょうか?

そして、ふと疑問になるのが、どこまでご祝儀を渡すべきかということ。
親族はもちろんのこと、会社関係や友人ご近所など、どこまで渡すべきか?
悩みどころです。。。

時には、ほぼ初対面なのにご祝儀をあげなければいけない、ということも少なくありません。
そこで、ここではご祝儀にまつわる常識についてご紹介します。

スポンサーリンク



会社 近所 親戚 お祝いはどこで線引きするべきか・・・

では、具体的なご祝儀を渡す範囲はあるのでしょうか。
ご祝儀の有無や金額を左右するのは、主に「間柄」です。

どこまでご祝儀を渡すかは、ここで判断できるでしょう!

会社関係
会社の人に渡す場合は、間柄に加えて相手の役職も関係します。

・上司、同僚:3万円
・部下:3~8万円

部下に対しては、相手が上司や同僚の時より高い金額を包みます。
しかし職場によって相場は変動するので、先輩に聞いて確認しましょう。

ご近所の人
難しいのが、あまり親密でない近所の人です。
正直そこまでの仲ではないけれど、全くあげないのは失礼だし関係性が悪くなりそう…。

日頃からそこまで親密にしていないような相手であれば
、現金でなくても贈り物をするといいでしょう。
相手に気を遣わせなくて済むうえ、気持ちも伝わります。

近所の人同士でお金を出し合っても良さそうです。

親戚
お祝いを渡す親戚の範囲は、基本的に
「いとこ、叔父、伯父、叔母、伯母、甥、姪」です。

また、いとこ同士であっても、結婚式に招待されないほどの間柄であれば不要な場合もあります。
その場合は、ご祝儀の代わりに記念品を贈りましょう。

それぞれの相場は、以下の通りです。
・いとこ:3~5万円
・叔父・伯父・叔母・伯母:3~10万円
・甥・姪:5~10万円

金額は親密度などにもよるものの、親戚であればご祝儀を渡すのがマナーです。
また、年下であるケースが多い甥・姪には、比較的多めに包みます。

ご祝儀は気持ちを込めて。どこまでの人を対象にするべき?

ご祝儀は気持ち!お金じゃなくても!?

ご祝儀は現金に限らず、記念品を贈ることもできます。

本来結婚祝いは、結婚式に出席できなかった場合に相手に贈るものでしたが、
実際には出席の有無にかかわらず気持ちとして贈ることが多いようです。

そして気になる相場ですが、こちらは相手との間柄などにあまり左右されず、
1万円ほどと言われています。

次に、喜ばれる結婚祝いを具体的に見ていきましょう。

カタログギフト
相手が好きなものを選べるカタログギフトは人気なお祝いの一つです。
そしてかなりの確率で喜ばれます^^
また、相手の趣味がわからないという時にも便利です。

商品券・ギフトカード
かさばらず、人を選ばないので贈りやすいのが商品券やギフトカードです。
飲食系やクレジットカード系など種類もたくさんあるので、相手の趣味を考えて選びましょう。

ただ、商品券やギフトカードには有効期限があるので、贈る際には注意が必要です。

キッチン用品
結婚祝いの定番といえば、キッチン用品です。
ペアグラスやカトラリーが人気で、デパートに行けば贈り物用として手に入るはずです。

しかし、包丁やハサミといった「切れる」ものは、別れを連想させタブーとされているので、
注意しましょう。

ご祝儀はどこまであげるべき? まとめ

以上、ご祝儀や結婚祝いについてご紹介しました。

友人や親戚が次々と結婚する、いわゆる「結婚ラッシュ」は誰しも経験するはず。
結婚式の招待状が届くたび、ご祝儀問題が頭を悩ませますよね。

そんな中でいかに、お祝いの気持ちと招待してくれることへの感謝の気持ちを伝えるかが大事です。

気持ちが伝わり常識の範囲内であれば、多少形を変えてもマナー違反とはならないはずです。

相手も自分も気持ちのいい形で、結婚を祝福してあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました