ご祝儀の相場はいくらが妥当?会社関係編|上司・先輩・部下・後輩

ご祝儀の相場はについて会社の上司先輩部下後輩 仕事とマナー

スポンサーリンク



会社関係の方が結婚する場合、結婚式にお呼ばれすることって多いですよね?
そんな時、ご祝儀って一般的にどれくらいが良いのか悩んでしまいます。

そもそも、ご祝儀は「​ 相手に対するお祝いの気持ち​」を表すものですので、
金額が決まっているものではありません。

しかし、一般常識として結婚する人が、会社の上司や先輩であったり、
部下や後輩であったりすることで相場の金額も変わってきます。

同じ結婚式に出席する同期など同じ立場の人がいれば、
話をして合わせて金額を決めてもいいかもしれませんが、
社会人も年数を重ねると他人には聞きづらくなってしまうものです。

自分の立場も年数を重ねるごとに変わっていくため、
毎回同じ金額を包めば良いとは限らないですよね。

そこで、会社関係でのご祝儀の相場はいくらなのか、どんなことに気をつけると良いかを
部下・後輩編」「上司・先輩編」に分けてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク



ご祝儀を渡す際のマナーを知っておく

会社でのご祝儀の相場とマナー

結婚式のご祝儀を渡すとき、ご祝儀袋を選んで渡すと思います。
選ぶときに気をつけたいの は”​水引き​ ”と”​ 金額​ ”、そしてそれに応じた”​デザイン​ ”です。

まずは”水引き”についてです。最近は色々な祝儀袋がありますが、
何度も結び直すことのできる「​蝶結び​ 」は何度も結ぶ、
つまり離婚・再婚を連想させるため縁起が悪いです。

次に”デザイン”です。デザインは金額に応じて選ぶようにしましょう。
例えば、3万円包むのにあまりに装飾が豪華なものは適していません。

逆に10万円以上の金額を包むのに簡易的なご祝儀袋を使うのも良くありません。
つまり包む金額とご祝儀袋は合わせることが大切ということです。

金額についても、​ 割りきれる数字​ (例:​ 4​、​ 6​、​ 9​)は避けるようにしましょう。
ただ、2はカップルを表し、8も末広がりのため最近では”OK”とされていますので、大丈夫です。

最後に、ご祝儀袋に名前や金額を書くとき、
​筆ペン​の​濃い​ものや​黒サインペン​を使うようにしましょう。
ボールペンや万年筆などで書くのは失礼ですので気をつけましょう。

ご祝儀相場 会社の部下・後輩編

では、ご祝儀の簡単な決まりごとがわかったところで、
会社での部下や後輩に宛てたご祝儀の相場をみていきましょう。

部下編
自分が上司として結婚式に出席する場合、「​ 3万円・5万円​」がご祝儀の相場です。
平均的には約4万円と言われていますが、先程も説明した通り「4」は​死​を連想させるので避けます。

部下といっても、そこまで自分と相手の役職が離れていない、
また、相手が自分と年齢が近かったり、自分が年齢が下の場合は「​ 3万円​」で大丈夫でしょう。

しかし、そうでない場合は上司として出席するなら「​ 5万円​」包むのが理想的です。
もし結婚式に出席できない場合も何も渡さないわけにはいきません。

最低でも「​ 1万円〜1万5千円​ 」を包んで渡す、
もしくはその​金額相当のプレゼント​をお祝いとして渡すのが常識です。

後輩編
相手が後輩の場合は、友人と同じ「​ 3万円​」が相場です。
しかし、後輩がかなり年下である場合や役職の格差が大きい場合は”​ 5万円​ ”包むと良いでしょう。

あくまでも相手に対するお祝いの気持ちで渡すのが”ご祝儀”なので、
3万円を下回らない程度なら問題ありませんのでご安心ください。

それでも3万円では気が引けるという場合には結婚式の二次会や後日、
別にプレゼントを用意して渡しても良いでしょう。

会社関係のご祝儀の相場を知りたい

ご祝儀相場、会社の先輩・上司編

続いては、先輩・上司の結婚式に出席するときのご祝儀の相場をみていきましょう。

上司編
会社の上司の場合は、「​ 3万円​ 」が相場です。
直属の上司やすごくお世話になってる上司の場合はもちろん”5万円”包んでも問題ありません。

しかし、無理をして生活が苦しくなってはいけないので、
一般常識である「3万円」包めば問題ないでしょう。

先輩編
先輩の場合は「​ 2〜3万円​ 」が相場です。
経済的余裕がある方は3万円をご祝儀として包むこ とをオススメしますが、
無理をする必要はないでしょう。

「2万円」は割り切れる数字ですが、
「ペア」つまり夫婦を表す数字のためOKとされていますので安心してくださいね。

ご祝儀の相場っていくら?会社編 まとめ

社会人になるとなかなか人には聞けない「ご祝儀の相場」がわかりました。
部下は基本「5 万円」、先輩・上司・後輩は「3万円」。

それ以外にもご祝儀を渡すときは気をつけなければいけない点がありましたよね。
ご祝儀袋と金額は合わせること、蝶結び以外の水引きを選ぶこと。
あとは、ご祝儀袋はボールペンや万年筆は避けるということでしたね!

2万円、8万円、10万円以外の偶数の金額と9はNGですので、
(4万円、6万円、9万円)間違えないようにしましょう!

とはいえ、最近はご祝儀に対する考え方も大分緩やかにはなっていますので、
関係性なども踏まえて総合的に考えるとよいでしょう。

最低限のマナーを守って、心からお祝いできると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました