[さつき」と「つつじ」の違い…って同じじゃないの?実は違う花!

さつきとつつじの違いの見極め方を知る 生活情報

スポンサーリンク



4月になると一斉に咲く「つつじ」。

道路沿いに咲くピンク色の花たちを見ると、春の訪れを感じますよね!
子供の頃に花を見つけては蜜を吸っていた、という人も多いのではないでしょうか。

そしてつつじによく似ている花といえば、「さつき」。
ずっと同じ花だと思っていた人も多いはず。

実は、この二つの花に見分け方があるのをご存じでしょうか。
さつきとつつじの違いを見極めるいくつかのポイントを紹介します!

この記事を読めば、「つつじ」と「さつき」を間違えることはなくなるはずです。

スポンサーリンク



さつきとつつじの見分ける基準は!

さつきとつつじを区別するポイントは、主に三つです。
①「咲く時期」と
②「外見」、そして
③「咲く場所」です。

それでは、順番にご説明します。

さつきとつつじの見分け方

さつきとつつじが咲く時期

つつじは、4月頃に花が咲き、その後5月頃に新芽を出すのに対し、
さつきは5月頃に蕾がついて、そのあと5~6月頃に花を咲かせます。

4月頃桜が終わってから咲き始めるのが、「つつじ」。
その後に咲き始めるのが「さつき」なんです。

ちなみに、どちらも葉っぱの新芽が出るのは5月頃なんですよー。
つまり、つつじは、花→新芽なのに対して、さつきは、新芽→花なんです!

なので、長ーーく咲いているのかと思いきや‥
違うんですね!

ちなみにさつきは、旧暦の皐月(5月)に咲くことから、
「さつき」という名がついたと言われています。

さつきとつつじは見た目も違う

本当によく似ているさつきとつつじですが、よく見ると違うところがあります。
その顕著な特徴が、「大きさ」です。つつじよりさつきの方が花や葉が小さいです。

そもそも、さつきは「ツツジ科ツツジ属」の中の一種。
5月に咲くことから「サツキツツジ」と呼ばれたりもします。

なんだよ、それじゃーほぼほぼツツジじゃないんですか!?

と、言いたくなりますが、ちゃーんと、見分けるコツがあるのです!
葉っぱより先に咲くのか、後に咲くのか‥ということに加えて。

さつきの方が全体的に小さい!!」こと。

花の大きさは、つつじが約6センチ、さつきが約4センチくらい。
つつじの葉っぱは、柔らかくて大きめ。さつきの葉っぱはかたくて、
つつじの半分くらいの大きさしかありません。

また、それぞれの葉にも、特徴があります。光沢があり固めで小ぶりな葉を持つ方が、
さつきです。さらに、さつきの葉の細毛が茶色なのに対し、
つつじの細毛は緑色という点も、見分けられるポイントです。

咲く場所も違う

つつじは植え込みなどでよく見かけるように、アジア全体に生息していますが、
さつきは山奥の岩肌などで咲きます。

わかりやすい例でいうと、つつじは庭や公園に咲いている「木」で、
「盆栽」で美しく咲いている似たようなものは、さつきであることが多いと思われます。

紛らわしいけどさつきとつつじは違う!

さつきとつつじを見分ける方法

ここまで、外見や生息の点から、さつきとつつじの違いを見てきました。
しかし、もう一つ興味深い違いがあります。

それが、「文学」における違いです。

…と、言われてもピンとくる人はあまりいないと思います。具体的にご説明しましょう。

① 名前の由来
まず、それぞれの名前の由来における違いです。

つつじは、花が筒状になっていることや連なって咲くことが由来となっていると言われています。

また、中国でつつじは「ためらい」を意味する「躑躅(てきちょく)」という漢字があてられます。これは、花や葉に毒を持つ品種、レンゲツツジを羊が食べるのをためらったという説からきています。

そんな少しおどろおどろしいつつじに対し、さつきは上記の通り、
旧暦の皐月に花を咲かせることからきています。

また、この時期はホトトギスの鳴く季節でもあることから、杜鵑花(とけんか)とも呼ばれます。

② 季語
実は俳句の世界では、さつきとつつじは季節感の異なる花として取り上げられています。

旧暦では、つつじが咲く4月は春であるのに対し、さつきの咲く5月は夏となります。
つまり、つつじは春の季語さつきは夏の季語として使われていたのです。

つつじとさつきの違い まとめ

以上、様々な点から見たさつきとつつじの違いについてご紹介しました。

どちらも、日本人にとってはとても馴染み深い花ですよね。
特につつじは、幼少期の思い出に色濃く残っているのではないでしょうか。

ただ、つつじの花の蜜を吸うときは、衛生的に問題があったり、
品種によっては毒を持つものがあったりすることも忘れないようにしましょう。

特に、朱色の強い「レンゲツツジ」には毒性があり、
呼吸困難などの症状を引き起こす恐れがあるので注意しましょう。

これからつつじやさつきと触れ合う子供たちに遊び方を教える時は、
そうした配慮も忘れないようにすることが大事です。

世代を超えて愛されるつつじとさつき。

今後も末永くその愛らしい花を見ることができるように、
それぞれの良さを、楽しんであげられたらいいなぁと思います!

ちなみに、さつきとつつじのそっくりさん!
何千種類もあるそうですよ(^-^)v

有名なところだと「シャクナゲ」でしょうか。

これを機に、色々探してみてくださいませー!

タイトルとURLをコピーしました