言葉が出ない一歳半!?なかなかしゃべらないうちの子は成長が遅い?

1歳半言葉が遅くて心配 子育て

スポンサーリンク



育児をしていくなかで周りの子たちと比べてしまい、
「同じ1歳半のあの子はもうあんなに喋れているのにうちの子は言葉が遅い…。」
とか考えてしまったり「言葉が遅いのね」なんてデリカシーのない言葉を言われて
考え込んでしまうお母さんもいるかと思います。

ですが、子どもの成長は個人差が大きいものなんです。

特に≪言葉≫に関してはその中で最も個人差が出てしまうことなのです。
≪歩き始め≫よりも個人差が大きいといわれているんですよ!

なので周りの子と比べてしまったり心無い言葉に悩む必要はありません。
早い子はうんと早く喋り始めますし、
ゆっくりした子は4歳頃からやっと「わんわん」などやっと単語を喋り出す子もいます。

でもそんな4歳頃から喋り出した子でも、
小学校あがるころにはペラペラとお喋りさんになっているので安心してくださいね(^-^)

スポンサーリンク



言葉を喋るようになる目安は?

1歳児でも言葉が出ない

喋り始めの目安は平均的には1歳前後から始まり1歳5か月頃には
意味のある単語を話すようになっているといわれています。

参考として平成22年 乳幼児身体発育調査「一般調査による幼児の言語機能通過率」では
10%の子が生後9~10ヶ月頃から
50%の子が1歳~1歳1か月頃から
90%以上の子が1歳6か月頃には単語を喋り始めるという結果になっています。

おなじ調査を平成12年の頃にも行われていたそうですが若干のズレはあるものの、
ほとんどが同じ結果だったそうです。

ですがさきほども書いたとおり≪言葉≫は最も個人差があり、
歩くことよりも差が大きく調査の結果はあくまでも平均的な結果なので
焦らず我が子と付き合っていきましょう。

赤ちゃんは周りの大人たちが喋っている言葉を聞いて真似をするので,
コミュニケーションを大切にしていき、まだ言葉になっていない喃語(なんご)でもゆっくり聞いてあげるとお子さんもうれしくなってもっと話したくなるかもしれません(^-^)

一歳半でもとくに男の子は言葉が遅い?

これはよく聞く言葉ですが確かに男の子より女の子のほうがお話好きなイメージがあります。
子どもに限らず大人でも男性より女性のほうがお話好きな方が多かったりしますよね(笑)

≪喋り始め≫というのは言葉の理解や聴力、口腔の機能に問題がなくても遅れることはよくあること。1歳半あたりで言葉が出ないとう事例は、比較的男の子に多いとされているそうです。
こうした子の場合は2歳過ぎから急激に言葉が増えてくケースがよくみられるそうなので、
安心してください。

1つの説では男の子でも女の子でも関係なく、
産まれた体重が2500グラム未満の低出生体重児と呼ばれる赤ちゃん。
その中でも1500グラム未満の極低出生体重児と呼ばれる赤ちゃんは、
あきらかな障害がなくても運動能力や言葉の発達がゆっくりめな傾向なんだそうです。

こちらの説は性別関係ありませんね。

結論、男の子のほうが言葉が遅いというのは医学的根拠もありませんので、
都市伝説みたいなものだと考えたほうがよさそうです。

子どもの喋り始めとは、その子1人1人のなかにコップがあり、
そのコップに今まで聞いた言葉などが入っていく。
そしてそのコップの中身がいっぱいになり溢れ出したら喋り始める
というイメージなんだそうです。

そのコップの大きさが小さかったり大きかったり1人1人大きさが違うために、
喋り始めに個人差がでる、といわれています。

1歳半で言葉が出ない・・・まとめ

1歳半言葉をしゃべるのが遅い

コップの話をしましたが、いずれにせよ言葉がゆっくりめの子でも
そのうちそのコップは必ずいっぱいになります。
焦る気持ちを抑えて我が子のペースに合わせてたくさん話しかけながら気長に待ちましょう

周りの男の子の赤ちゃんが女の子の赤ちゃんよりも喋っているのはよく見かけましたし、
言葉が出る出ないは。育っている環境での影響が大きいと思います。
兄妹がいる子は喋り始めや発達が早かったりしますよね。

喋りがゆっくりめの子にも会ったことはありますが、
その分周りのお友達に優しかったりその子にはその子なりのいいところもたくさんありましたよ^^

男の子だけに限らず女の子でも成長には個人差が必ずあることだし、
育児は思い通りにならないことがたくさんあるものです。

とはいっても、どうしても気になるお母さんもいるとは思います。
そんなときは、かかりつけ医か地域の支援センターや保健師さんに相談してみる。
というのも一つの方法です。

≪言葉≫については世の中のお母さんたちが悩むことの一つですが、
記事にあったコップのイメージで考えて、たくさん話しかけてあげること!
我が子のコップがいっぱいになるまで焦らず付き合っていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました