ちょんまげの始まりって!?由来と起源をわかりやすく解説します!

ちょんまげの始まりと由来と起源 季節イベント意味・由来

スポンサーリンク



ちょんまげはいつから始まったの?

と、子供や外国人に聞かれたとしたらすぐに答えられるでしょうか?
答えられないとしたら、日本人としてそれではちょっと寂しいかもしれません 汗

時代劇を見ると丁髷(ちょんまげ)姿の武士が登場しますし、
日本の文化を紹介する時などには必ず出てきますよね。

なぜ日本でこの丁髷文化が始まったのか?由来と起源は?
こどもの日あたりに説明できる、ちょんまげの始まりに迫っていきましょう!

スポンサーリンク



丁髷(ちょんまげ)の始まりと由来。種類もいくつか

ちょんまげの起源でもあるサムライ

丁髷というと、誰もが武士の髪型を思い出しますが、実際はちょんまげというのは、
実は、江戸時代に髪の毛の少なくなった老人などが結った髪型の呼び名のことだったのです!

「えーっ」と驚いた人も多いと思いますが、実はそうだったのです。

少ない髪の毛を集めて結い上げた髪の形が「ゝ(ちょん)」の字に似ていたところから
付けられた名前だといわれています。

丁髷とは、小さな髷(まげ)のことということです。

現在、わたしたちが丁髷と呼んでいるのは、大銀杏(おおいちょう)という髷の一種で、
お相撲さんがしているあの髪型のことですよね。

なんとわたしたちがちょんまげだと思っている髪型は、
正確にはちょんまげではなかったということなんですねー。

髪をまとめて上の方に立てるようにしていた髻(もとどり)を
頭頂部で曲げて結うようになったものを髷(まげ)というようになったといいます。

髻(もとどり)は飛鳥時代以降に冠をつける時、便利だということで始まったもので、
平安時代末期に、貴族が冠を付けたり、武士が兜を付ける時に頭頂部分が蒸れるのを防ぐため
頭の前からてっぺんにかけて剃って、後ろの部分の髪で髷を結った「月代(さかやき)」
という結い方から始まったものです。

この月代は、戦国時代には武士の間で大流行したそうです。
頭の部分の蒸れは武士をそうとう悩ませていたのでしょうね。
頭頂部が蒸れるのを防ぐのが始まりとはちょっと驚きです。

そして、江戸時代になると武士だけでなく庶民の間にも月代(さかやき)や髷(まげ)
が広がったということです。

そして、髷は武士に憧れて次第に人々に広まっていきました。
髷の種類もそれぞれあって、

髷を折り返した毛先を銀杏の葉の形にした銀杏髷。
主に武士がしていたという大銀杏。
町人がしていたのは小銀杏。

また、商人は銀杏を小さくまとめたり、職人は力強く見せるために太く短く結うなど
それぞれの職業によってもちょんまげのスタイルが工夫されていました。

丁髷はいつまで続いたの?終わりのきっかけは?

ちょんまげはいつまで続いたのか

1871年(明治4年)のことです。
明治政府が「散髪脱刀令」というのを出したのがきっかけでした。

どんな法令かというと、
「一般の人は髷を結わなくてもいいし、華族(旧侍)は刀を持たなくていいよ」
ということが書かれた法令でした。

それに加え、明治天皇が散髪を行ったのをきっかけに、
役人を中心にちょんまげを結わない人が増えていきました。

またその頃は、なんでもかんでも西洋の真似をしていたので、
日本から急激ににちょんまげをする人がが減っていったということです。

坂本龍馬や新選組などが出てくるような時代で、
当時の写真などを見ても、混在しているようなイメージはありますよね!

ちょんまげの始まりと由来と起源 まとめ

現在では、お相撲さんの「大銀杏(おおいちょう)」が髷文化を残しているだけですが、
ちょんまげは日本文化を代表する姿です。

「散切り頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」
と明治時代には有名なことばもありましたね。

今でも日本人は丁髷を結っていると勘違いしている外国人もいるようですが、
もちろんそんなことはありませんよね 笑

ちょんまげという言葉自体、最初は一部の人に向けたということだったり、
「月代(さかやき)」というスタイルも、兜が蒸れるからという理由から流行した!

など、調べてみると意外な発見がありましたよね!
日本人ならある程度の事は知っていたいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました