身長が2歳にしては低い気が・・・2歳児の発達の平均値は?

2歳背が低い発達の平均値 子育て

スポンサーリンク



我が子の成長が遅いのでは?他の子どもと比べてちょっと身長が低い気がする・・・

と、不安を抱くとどうしても気になって気になって仕方がありませんよね。
心配になるのは当たり前です。

そこで、日本の2歳~3歳の平均的な身長と体重を調べてみました

スポンサーリンク



2歳児の身長や体重の平均は?

2歳児平均身長

【身長】
■男児2歳~2歳半・・・86.7㎝
2歳半~3歳・・・91.2㎝
女児2歳~2歳半・・・85.4㎝
2歳半~3歳・・・89.9㎝

【体重】
■男児2歳~2歳半・・・12.03㎏
2歳半~3歳・・・13.10㎏
女児2歳~2歳半・・・11.39㎏
2歳半~3歳・・・12.50㎏

平成22年度に厚生労働省が発表した平均身長と平均体重です。
上記はあくまで平均数値です。

どうしても数字をみてしまうと我が子と比べて心配するママやパパ。
健診などで、お医者さんに何の問題もないと診断されているのなら、
少しくらい平均値からずれていても何の問題もありません。
お子さんのペースで成長していますからね!

身長が伸びて欲しいとは願うが・・・

特に男の子は、身長が伸びてほしいと願う親が多いのではないでしょうか?

しかし、身長は、親からの遺伝で80%が決まり、
身長を伸ばす要因は残り20%だともいわれています。

年相応に成長していく過程が大切でもありますね。

幼児期の子どもの身体発育は、離乳時期の食生活のリズムや摂取栄養バランス、
運動、睡眠などの生活リズムが大きなウェイトを占めているのは確かです。
また、精神的ストレスや親の育児状況などによっても影響を受けるともいわれます。

簡単に言えば、食事・睡眠・運動が大切だということですね。
それらが2歳児の成長を促す理由であると考えていいでしょう。

普段通り規則正しい生活をしていれば、特別なことをする必要はないのです。
まず大切なのは栄養です。
たとえば、背を伸ばすうえで大切なのはカルシウムだと思っていませんか?

実は、カルシウムよりもたんぱく質のほうが大切なのです。
牛乳をたくさん飲むと背が伸びると思って、
一日に何リットルも牛乳を飲んだという話を聞いたことありますよね?

しかし、カルシウムよりもたんぱく質の方が重要なので、食品でいえば実は牛乳よりも、
チーズ・牛肉・木綿豆腐・マグロ・卵などのたんぱく質をたくさん摂取することが大切なんです!

そして、充分な運動と睡眠です。

お天気のいい日には外に出て元気に駆け回っているのが、子どもの本来の姿ですよね。
一日中部屋で遊んでいたら、体力の消耗も少ない上に本当の意味で
ぐっすりと眠ることも少ないのではないでしょうか?

子どもが成長するにあたって、食事・運動・睡眠がどれだけ大切なのかということです。
身長が伸びるから・・・という訳でなく、
食事・運動・睡眠は健康な身体や心を育むうえでもとても重要なことですね。

身長が2歳にしては低い まとめ

2歳背が低い

発育を阻害する基礎的な疾患があるのであれば、
必要に応じて適切な治療を始めることが大切です。

そうではなく、元気に公園で走り回って遊んだり、たくさんご飯を食べているのであれば、
それは、心身共に健やかに育っている証拠です。

中学生や高校生で身長が180㎝や190㎝もある子どもさんのお母さんが、
「幼稚園の頃は背の順で一番前だったんですよ~。」という信じられないような話、
意外とよく聞きますよね!

元気にのびのびと生活することが、一番大切なことだし、子どもらしいですよね。
身長の伸びが多少平均より少しだったり、周りのお友達と比べてちょっと小さかったとしても、
なんの問題もないでしょう。

もし、なにかしらパパママが不安に思うことがあるのであれば、
専門機関に相談するのもいいのかもしれません。
そして、不安に思っていたことが払しょくされれば、
パパママの心が落ち着いて穏やかに過ごすことができますからね!

そして、それは子どもにとっても穏やかに安心して暮らせるということです。
そうすれば、気づかないうちにすくすくと育っていく。

焦らず見守っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました